閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

17
Feb.2016
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 海外レポート
  • Prolight + Sound 広州 レポート!2月29日からアジア最大級のプロオーディオと舞台照明の祭典が始まる!

Prolight + Sound 広州 レポート!2月29日からアジア最大級のプロオーディオと舞台照明の祭典が始まる!

160217_prolight_1090

2016年2月29日から3月3日までの4日間、中国の広州で開催される『Prolight + Sound Guangzhou(広州)』をRock oNがレポート!

レポーターはRock oN Webサイトで日々情報を発信している私 IH富田と、サポートとしてゴングインターナショナルの奥平 賢浩 氏の2名。IH富田は音響機材と中国の音楽ビジネス事情を。奥平  氏は専門分野のレーザーや舞台照明 / 装置を中心にレポートします!

tomita1

IH 富田

Rock oNスタッフ。主にニュースやレポートなどの情報発信を担当。趣味は電子楽器のDIYとMOD。

広州からのレポートではお土地柄あふれるユニークな音響機器と共に、個人的にも興味のある音楽エデュケーションや、昨今日本でも完全にメジャー化している中国ブランドのギター関連製品にも注目したいと思っています。

バブル中の中国はいま巨大なレコーディングスタジオが連立し、GENELECなどの世界的ブランドも中国法人を置くなど注目が集まっています。お隣だけど意外に知らない中国やアジア圏の音楽情報にご期待ください!

 

okudaira1

奥平 賢浩 プロフィール

MOTU・RME・PreSonus・Reasonなどの営業やデモンストレーターとして従事。現在は照明・ステージ関連のセールスエンジニアとしてゴング・インターナショナルに在籍。

また、レーザーショーチーム「Venus Laser」の代表として、初音ミクコンサートや最新のレーザープロジェクションマッピング業務を担当。現在、サンレコでもおなじみの、中田ヤスタカ氏のユニット「CAPSULE 」全国ツアーのレーザー演出を担当している。

音・映像・照明そしてレーザーと最先端ステージ演出に精通している。

Prolight + Sound 広州とは?

『Prolight + Sound』は舞台照明や装置、ならびにプロオーディオの見本市。フランクフルトを発祥としていまはロシアや上海そしてこの度の広州へと影響力を拡大しています。

Audio brand name hall 3_1090

IH富田がレポートに挑むProlight + Sound 広州は、130,000㎡もの面積(東京ドーム2.7個分!)を誇るChina Import & Export Fair Complexを会場に、アジア最大級の規模で開催されます。

Prolight + Sound 広州 2015年実績

展示面積 (China Import & Export Fair Complex)130,000㎡
出展者数1,186社
来場者数63,875名/105カ国・地域

Prolight + Sound 広州に注目すべき理由

1. 個性あふれる音楽機材

DSC01417DSC00883

見本市の開催期間中は現地からIH富田が個性的な最新機材と共にプロに向けた音楽ビジネス事情もレポートします。

Rock oNユーザーからするとアジアブランドの制作機材は馴染みが薄いかもしれませんが、例えばギター関連製品ではhotoneやmooer、MOVALL AUDIOなどのエフェクターブランドが高いコストパフォーマンスとユニークな機能で日本でもメジャー化しています。これまでRock oNでもアジアブランド製品をいくつか取り上げてきましたが、いまそれがさらに進化しているとのことなのでNAMMショーとは違ったラインナップの機材情報をお届けします!

2. プロは必見、アジアの音楽ビジネスチャンス!

経済情勢は日々変わりますが、それでも中国をはじめとするアジア圏の音楽制作は進歩を続けています。アジア圏のクライアントを相手にした仕事が増えていることを実感しているエンジニアやクリエイターもいるかもしれません。Pro ToolsやCubaseがクラウドによるCo-Productionを進める中、国境を越えたコラボレーションはこれから当たり前になってくるでしょう。

DSC01400

さらに、信頼ある製品やサービスを誇るmade in Japanへのラブコールも日々増しています。世界のピアノ市場の60%以上を占める(2011年)とされる中国では、4000万人の富裕層の多くが子供の音楽教育に熱心だということ。日本の大手メーカーも製品とエデュケーションをセットにしてビジネスを展開していますが、このほかにもチャンスはまだあるはず!

3. ド派手な最新舞台装置にも注目!

DSC011082015_prolightsound_04

音楽制作情報のレポートと共に、舞台装置/レーザー照明のレポートも同時にお届けします。ライブシーンで欠かせない舞台装飾やレーザー照明、LEDを使った大規模な装飾など最新ヒカリモノ事情にもご期待ください。


2月29日(月)からのProlight + Sound 広州。音楽制作に関わる多くの方にとって有益なレポートをIH富田と奥平 氏でお送りしますので、どうぞお楽しみに!

Prolight + Sound Guangzhou 公式Webサイト

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年2月17日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company