閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

01
Mar.2016
ANTENNA

【build up your studio】鈴木 大輔 氏 & 三神 貴 氏 インタビュー

studio_1_39

スタジオ構築における音響設計ノウハウ、ソリューション構築を、CreatorとDesignerの両視点から毎週お届け、第一回Daisuke Suzuki Studioではスタジオ完成による鈴木大輔氏の機材環境変化、そしてスタジオワークフローを改善するカスタムファンクション。音響設計における三神氏のセオリーから業務ポリシーまで必見のBuild Up Storyが今始まる!

studio_1_37

1978年10月27日生まれ A型 神奈川県出身

2002年8月day after tomorrowのキーボーディストとしてデビュー。同年『日本レコード 大賞』新人賞受賞。

2003年には「Starry Heavens」を収録したシングル「moon gate」が21週にわたりオリコ ンウィークリーチャートにチャートインするロングヒットを記録。メンバー兼メインコン ポーザーの1人として シングル曲をはじめ数多くの作品の作曲を手がける。 2005年8月、自分達の音楽について見つめ直すため活動を休止。

その後、2006年からは楽曲制作と並行して新たな制作環境開拓のため、様々なオーデ ィションやアジア圏の音楽シーン視察のために足を運ぶなど幅広い視野での音楽活動 をスタート。その中で中国で発掘したアーティストに楽曲を提供、また東方神起に提供 した楽曲が本国韓国でリリースされるなど、活躍の場を国内からアジアへと広げつつ国 内では2008年9月に自身のユニットgirl next doorを結成。同年の第50回日本レコード 大賞新人賞を受賞、翌年2009年にリリースされた「Infinity」ではグループ初のオリコン ウィークリーチャートで1位を獲得すると共に同曲が第51回レコード大賞優秀作品賞を 受賞。2010年にリリースされた「Ready to be a lady」も第52回レコード大賞優秀作品賞 を受賞するなど精力的に活動を続ける。

その一方で近年は自身が得意とするデジタルサウンドの楽曲をはじめ、R&Bや、斬新な 展開の楽曲を制作、倖田來未、東方神起、TRF、Every Little Thing、AAA、SUPER☆GiRLS 、北乃きい、板野友美をはじめとする多くのアーティストへの楽曲提供を行うなど精力 的な作家活動を続けている。

studio_1_38

株式会社ソナ 設計技術グループ アコースティック・デザイナー
九州芸術工科大学音響設計学科卒。在学中よりサークルのライブ活動や音響学の勉強 に全力で取り組み,優秀な成績で卒業。将来を有望視されながら大手企業へと入社す るも年々音響から遠ざかってしまうことに寂しさを覚え,人生半ばでエリートコースをド ロップアウトしてソナの門をたたく。学生時代の優秀な成績が幸いしてか,音響に関し てはソナ入社時からベテラン並みの手腕を発揮する。バランスを重んじる設計ポリシー と独特なデザインセンスを優秀な音響知識の上に掲げ,現在急成長中のアコースティ ック・デザイナー。主な読書に「週刊ベースボール」等。

環境計量士(騒音・振動),公害防止管理者(騒音・振動)。
AES,日本音響学会,日本騒音制御工学会正会員。
THX Home Theater 1 certified professional.

sona_logo

株式会社ソナ SONA CORPORATION

Creator’s View : 鈴木 大輔 氏


SONA、建設会社、avexチームが一体となって作り上げた地下スタジオ

地下のパーソナルスタジオとして、メインスタジオと隣接のマシンルーム、スタジオ向かいの収録ブースという基本構造になります。 今回地下を掘る段階から建設会社とSONAさん、avexのチームが一体となってミーティングを行いました。中でもスタジオ内の音響設計はSONA三神さんに今回全 面的にサポートいただいてます。 音響加工の詳細は三神さんにお任せしますが、この建物自体が鉄筋構造に加え地下は銅板で覆う構造になっており、吸音と反射のみ、防音施工をしていないこと もポイントです。一般的に地下室は普通に掘ってコンクリートだそうなんですが、この部屋では掘った後銅板BOX構造で覆うことで、その後のワイアリングや電源関連に伴う施工& 加工コストを抑えることができました。費用がかかる防音施工をしなくて済んだのは地下のポイントですね。(コントロールルームの音が響かないよう向かいの収 録ブースだけ防音施工をしています。) しかし地下の場合一坪掘る工事費としてそれなりの予算がかかりますので、建設会社が掘るだけ(内装費別)でこのスペースでも多額の予算が必要になります。その後の音響施工を考慮して数十cm多く周囲をとるだけで一坪分の予算が増えてしまったり…。地下の分防音施工予算は必要ないですが、地下室を作 ること自体はお金がかかるのも事実です。

デザイン面で言えばメインスタジオは地下である以上窓がないため、暗すぎないようにしたかったのですが、同時に白壁だとやや面白みがないとも思いました。 その当時新色だったグレー系統の素材(三神さん確認)を用いて、仕事の場として落ち着いた雰囲気を出しました。ブースは私が入るわけではなくプレイヤーの方 のためのものですので、何よりもテンションを上げられるよう赤を基調としたカラーになっています。

マシンルームはavexのチームのこだわりが素晴らしくて、家電関連と音楽用途で配電盤から完全にスプリット構造にしてもらいました。(写真:1 , 2)私の好みのスタジオ名を聞かれ答えた後、そのスタジオの電源構造を調べ、三菱とシーメンスの電源を聞き比べて、ケーブルも吟味してより近いサウンドになるよう選んでくれました。 ステップアップトランスとノイズカットトランスもマシンルーム内に備えており(写真:4)、スタジオ内の壁コンには、異なる電圧機器を即座に使用できるよう100V、115V、 120Vなど選択肢がすでに用意がされています。(写真:3)ブースとのケーブル配管も用意されていますので、今後機材などスタジオ機能が変化した際にも対応が可能です。 またラック機材は使用頻度も限られるので、壁内に収納できる構造をとりました。スタジオZaor iDESK左側にラックマウントしているメインインターフェース Apogee Symphony I/Oとパッチベイを通じて、シンプルかつ自由にルーティング出来るようにしています。

1
2
3
4


スタジオ機材環境を変化させたZaor iDESKとの出会い

スタジオが出来てからの変化としては音楽自体ではなく機材の変化が大きいですね。できた当時はご存知の通り本当に数多くのシンセサイザーを配置していました。しかし出先での仕事が多く機材運搬に問題を抱えていたこともあり、Rock oN CompanyでZaor iDESK(写真:6)と出会ったのをきっかけに、この机基準でスタジオ機材構成を変えようと思いました。今や海外のスタジオもシンプルなものが増えてますからね。スタジオはクライアントが来た際の話の場としても重要ですから、キーボードは必要なものに大幅に絞り込んで今の構成にしています。(写真:5 ,7)最初Zaorを入れるときはそれこそキーボードとPC1台とも思いましたが、それでもVIRUSやMoogなどは使用頻度問わず外せませんでしたね。スタジオが出来、機材を入れ替え、よりビジネスにフィットする形へ変化したと言えます。

5
6
7


収録ブースとの高い連携とカスタムファンクション

ブースとの連携機能はこだわりのポイントです。スタジオはPCディスプレイ上段に、メイン液晶ディスプレイを設置しており(写真:8)、ブース内カメラを通じて、プレイヤーとの会話だけでなく表情も見て取ることができます。(写真:9)またブースとのトークバック兼モニターコントローラーとしてSPL model2381を使用していましたが、トークバックスイッチを押した時の『カチッ』という大きい本体音が気になるとアーティストさん方から多く言われ、某スタジオのメンテナンスの方に遠隔でノイズなくオンオフできる外部スイッチ(写真:10)を作っていただきました。しかもスタジオデスク用と後方ソファー用の2系統あるんですよ。この方にはマシンルームとの機材接続でUSBケーブルの長さが足りなかった時に、アダプターなどではなくUSBケーブルをカットして延長処理していただいたこともあり非常に助けられました。あとは地下スタジオでもあるのでお客様が家に来られた際にインターホンと連動して光るランプを左上前方の角に埋め込んでいます。(写真:11)地下モニタリングの中では気づけませんからね。

8
9
10
11


実際にMY STUDIOを所有してみて

やはり24時間気にせず爆音が出せることは最大のメリットですよね。良くクラブのように爆音鳴らしながらお酒を飲んでます(笑)。防音ではなく吸音と反射による デッドすぎない環境も、心地いいですね。地下スタジオという立地なので、下に降りる=仕事という意識の壁が最初はありましたね。2階にYAMAHA MODUS を置いていたり楽器に触れる機会を増やすようにしています。(写真:12)今はスタジオで仕事をする中でその利便性に喜びが今じわじわとときてますね。

現在のスタジオ運営と今後の展開

基本的に人に貸したりなどはしていませんが、仕事内容や予算の規模によってはこのスタジオにエンジニアを呼んで、ProTools 12でレコーディング/編集をするケ ースも多くあります。録りの時はSONY 800Gだけ持ってきてもらったり。来月はこのiMacとMIDIキーボードだけでタイに行く予定ですが、海外での編集などが多い 中で鍵盤環境を変えたくないので、現在はコンパクトさを重視して61鍵盤をメインに据えていますね。 今のスタジオに不自由は全く感じませんが、しいて言えば先日アーティストがドラム叩いているのを見て『エレドラ良いな』と思ったのですが、それを入れるスペー スがないことぐらいでしょうか(笑)。今のスタジオ環境にとても満足しています。

12


Designer’s View : 三神 貴 氏
13
低域吸音構造
14
苦心のダクトワーク
15
床下埋設配管

音響設計するにあたり必ず取り入れていること

とかく「経験とカン」が重宝されることの多いスタジオ音響で、それだけではなく、なぜそうするのかという理由と、その結果との対応がはっきりし、結果をデータで 客観的に示せるようになることを目指しています。また、音響設計する際には、もちろん出来上がるスタジオの音にかかわる 全てに目を配る必要があるのですが、 特に容易にやり直しがきかない、遮音と低域の吸音処理には気を遣っています。

遮音について

遮音については、必要な遮音量の見極め、必要な遮音量を確保するための荷重に建物が耐えられるかどうかのチェック、工事の前に遮音の性能をお客様に“体感 で”理解しておいて頂くということに重点を置いています。 コントロールルームやブースでどれくらいの音圧レベルが出るのか、あるいは外部騒音がどれだけあるのかを実際に測定したり、時には録音するなどして必要な 遮音量を把握します。その上で、それを数字で提示するのはもちろんですが、数字だけで理解して頂く事はなかなか難しい事ですので、できれば弊社試聴室まで お客様にお越し頂き、遮音シミュレーションシステムを使って遮音量を聴感的に体感して頂いた上で、遮音の仕様を決定します。 また、近年は遮音のための大きな荷重に耐えられる建物もそれほど多くなく、決めた遮音の仕様が建物内で実現できるのか、建築的なチェックも非常に重要です。

低域の対策について

低域の対策、いわゆる“モード対策”は色々な“ノウハウ”、“経験談”を業界誌等々で見る事ができます。ソナでは[モード合成法]という方法を用いて、低域特性を予 測計算し、事前に音響障害を回避するための方策を検討しています。[モード合成法]を用いると(特に直方体の部屋では)かなり正確に低域の特性を予測できる のですが、この方法の更に優れている点は、原因と結果が明快に結びついているロジカルな方法である所です。なぜ、どのように明快であるのかは、ここでは説明 しきれませんので、是非Proceedマガジンで好評(?)連載中の「パーソナル・スタジオ設計の音響学」をご覧頂けたら幸いです。ソナのHPからもDLできますので、是 非ご覧下さい。
http://www.sona.co.jp/sitemap.html#downlord

予測に対し、実際の現場では「音圧吸収型」吸音構造という手段を積極的に用いています。 一般に良く知られているグラスウールなどの吸音材は「粒子速度型」の吸音機構で、低域を吸音するには非常に分厚くしなくてはなりませんし、壁際では機能しづ らいという性質があります。ソナでは、壁際で最も有効に機能し、吸音する周波数特性を設計、制御できる板や膜を振動させることによって吸音を行う「音圧吸収型 」の吸音構造(※写真参照 )を用いて低域の対処を行っています。

本スタジオで特に自慢したいポイントはどこですか?

1

「音圧吸収型吸音構造」による低域特性の制御

先ほどお話した、膜振動型の吸音構造を用いて、低域から高域にかけてフラットな吸音特性を実現することができました。近頃はかなり標準的に用いている工法で すが、おそらく本スタジオがこの工法の最初の実施例だったと思います。(コントロールルームの平均吸音率データ参照)

2

コンパクトながらも、高い静粛性を実現したブース

階段下という狭いスペースでしたが、(設計担当の高山が)何とかやりくりして浮き遮音構造を採用した遮音性の高いブースを設けることができました。(C/R – Booth間遮音特性データ参照)

3

リーズナブルな木製遮音扉

当たり前の話ですが、扉は部屋の数だけ必要です。スタジオに用いる 遮音扉は非常に高価な扉ですので、パーソナルスタジオでは扉のコストが 大きなウエイトを 占める事が多いのですが、Daisuke Suzuki Studioでは業務用でよく見られる鋼製の遮音扉ではなく、木製の遮音扉を採用して頂き、浮いた費用を 他の部分に回す事ができました。 鋼製の扉に比べますと遮音性は若干低いのですが、今回は「家庭内への漏れ」はある程度止むを得ないという大輔さんの“割り切り”で、良いチョイスになったと思 います。鋼製は遮音量が大きい反面重量も大きく、安全面で配慮が必要ですが、木製であれば心配は少なくなります。 この木製遮音扉も扉メーカーとソナの共同開発品ですが、ご採用頂いたのは やはりこのDaisuke Suzuki Studioが最初だったと思います。

1
2

スタジオ設計において最も大切にしているポリシー

遮音、低域処理について、技術的に力を入れている事の一例としてお話しましたが、最も大切にしている(しなければと心がけている)事は、自分の思いや、やり方 を押し売りするのではなく、どのようなスタジオを作りたいかというお客様の(予算や意匠デザインも含めた)ご希望、ご要望を共有することです。お客様が遮音量 や音場について、数値的に表現していただけることはあまりありませんので、お話を丁寧に伺い、それを実際の数値的な仕様、図面、建築物へと置き換えて行ける かが最も大切な事だと心がけています。

studio_1_50



build_up_index_09


2


menu_studio3


studio_4


studio_05

TOP (1)

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年3月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    メディア・インテグレーションがCEDEC 2019に出展!
    協賛ブランドによるセミナーと機器展示が行われます! みなさまのご来場をお待ちしています。
    藤井丈司氏が語るシンセサイザーの魅力 −受け継がれるYMOの遺伝子−
    YMOから受け継いだシンセサイザーの魅力とは?エレクトロポップ黎明期の先駆者的存在の藤井丈司氏が語ります!
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    森﨑雅人氏がマスタリングスタジオをオープン!正確なルームチューニングとデジタルオ…
    中目黒にオープンした画期的なマスタリングスタジオ「Artisans Mastering」を紹介!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company