閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

11
Apr.2016
REPORT

Rock oN PRO 洋介が行く! NAB 2016 in Las Vegas


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2014_Arrival_3-72_2

2016年、そして将来の制作環境を占う大きなターニングポイント

北米最大の放送機器展であるNAB 2016に今年も洋介が現地からのレポートを行います!!国内外でワークフローのファイルベース化が叫ばれ、Internetの進化により制作環境へのCloudサービスがいっきに広まりを見せています。今回NAB2016の直前にAVID Pro Toolsがクラウドサービスをスタートしたのが記憶に新しいところと思います。

SONY DSC

映像では4Kそしてその後の8kを見据えた動き

そこへ、映像では4Kそしてその後の8kを見据えた動き、高詳細だけではなくHDR(High Dynamic Range)という色域、明度の拡張に対するチャレンジがスタートしています。この分野に関しては、各社が様々な方法論を提唱しまさに手探りの中。これらの動きで巨大化するデーターに対応するためのストレージ、サーバー関連のトレンドは、”スケールアウト”。筐体を追加するだけでどんどんと増設が可能なシステムがどんどん登場してきています。そして、その膨大なデータを管理するためのMAM(Media Asset Managiment)ツールも多種多様なものが登場。これらの新しいサービス、製品がどのようにつなガリ、ワークルローを構成してゆくのか、今年、そして今後未来のワークフローを製品から探ってレポートしていきます!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映像にもハイレゾリューションサウンドでさらなる臨場感を

4Kのコンテンツの配信が、オンラインで先行しているため電波にソせるという制約から開放された部分も有ります。これに合わせて96kHz等のハイレゾリューションサウンドにも脚光が集まっています。放送だから48kHzという縛りとは関係なく、ハイレゾでの制作も増えてきているのではないでしょうか?個人的にも映像に動きや、息吹を吹き込む背景音のハイレゾかは、高詳細映像と相まって高い臨場感を提供できると感じています。このような流れもお伝えすることが出来ればと思っています!!

レポートは現地4/16(土曜)にスタートするAVID Connectの模様からスタート!!4/18日からはNAB開幕、最新の製品情報などをお届けする予定です!!是非ともお楽しみに!!

NAB Show公式ページはこちら>>

slack-imgs-1.comslack-imgs.com


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月11日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company