閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

14
Feb.2017
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • ROLI blocks 登場!5D Touchで演奏する新しい音楽ガジェットは繋げて広がる可能性!

ROLI blocks 登場!5D Touchで演奏する新しい音楽ガジェットは繋げて広がる可能性!

20170214_roli_1390

NAMM 2017で話題になったROLIの新しい楽器Blocksが登場しました!

blocksは直感で使えるミュージックガジェット。自社製iApp『Noise』のコントローラーが主な機能ですが、ROLIと同じ5D Touch入力が可能なblockでの演奏は、iPhoneのタッチパネルだけではできない感覚で曲作りができる製品です。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    ROLI Blocksの基本モジュール。まずはこれから。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    iApp Noiseの生演奏機能を拡張します。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    iApp Noiseのループシーケンサー機能を拡張します。

    Rock oN渋谷店でBlocksを演奏してみよう

    2017-02-17 16.46.48

    ROLI BLOCK展示開始! Seaboardとセットで展示中です!ableton感覚のLoopプレイバックに合わせスケール指定の音色演奏やアルペジオなどNoiseアプリを手元で掌握! 1台で本当に多彩に遊べます!

    NAMM 2017 ショーレポート

    blocks

    still-4

    blocksを構成するのは、255個のLEDで縦横5*5=25のマトリクスを持つ自称式タッチパッドの『Lightpad block』、主にループシーケンサーの機能を拡張する『Loop Block』、主に生演奏機能を拡張する『Live Block』、そして音源となるiApp『NOISE』です。Block達はそれぞれマグネットで付け外しが可能(DNA コネクタ)。繋げていくごとにそれぞれの機能を拡張でき、それがNOISEに反映されていきます。Block達とIOSはMIDI over Bloutoothでワイヤレス接続されています。

    NOISEは、ほぼグラフィカルなマトリクスの操作だけで音楽制作ができるApp。アプリだけならApple App Storeから無料でダウンロードできます。(Downloadはここから)iPadやiPhoneの画面をスワイプしてドラムパッドへ、鍵盤へ、そしてシーケンサーへ機能を切り替えながら、マトリクスをタッチして音を重ねていきます。

    Light BockはあのSEABOARDと同じ5D Touchで入力が可能。iPhoneやiPadのタッチパメルでは不可能な、指をグニグニとねじり込んで音色を変化させるようなこともできます。これがblocksを使ってNOISEを楽しむ最大の理由です。

    そのモード切り替えやドラム入力、メロディ演奏動作を行うタッチパネルのコントローラーと考えてください。オード切り替えのスワイプにも対応してます。

    5D Touch
    • 叩く(Strike)
    • 押し込む(Press)
    • 左右に滑らせる(Glide)
    • 上下に滑らせる(Slide)
    • 指を持ち上げる(Lift)
    の5つの入力方法

    Loop Blockはテンポやシーケンサーとしての機能をつかさどるファンクションボタンのコントローラーで、つないだLight Blockをドラムパッドやタップテンポ、音源の切り替えスイッチなどに変えて使っていきます。

    Live Blockはまさしく生演奏に適したファンクションボタンを搭載します。Korg kaossilatorのような感覚で、Light Blockを鍵盤に見立てて指でなぞってメロディ楽器を弾くことができます。それぞれのマトリクスはクロマチックやその他のスケールにマッチしたり、無段階になったり。1タッチで和音を奏でる設定もあります。

    ドラム、ベース、メロディ、それぞれの音を重ねていって一つの音楽にリアルタイムでしたてていく。ROLI blocksは音楽を美しく楽しむことができます。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    ROLI Blocksの基本モジュール。まずはこれから。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    iApp Noiseの生演奏機能を拡張します。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    iApp Noiseのループシーケンサー機能を拡張します。

    この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月14日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    ArturiaがSynclavier Vのバージョン2.0を発表!
    インポートしたサンプルを波形から解析しResynthesis(再合成)することも可能に!
    iCON Pro AudioがQCon Pro G2を発表!
    主要なDAWのほとんどをサポートする8チャンネルコントロールサーフェス、QCon Pro G2を発表!
    クイズに答えて豪華景品を当てよう!AES NY 2018 クイズdeショーレポー…
    現地時間10月17日から19日までの3日間開催されるAES NY 2018。期間中、Rock oNのショーレポートの記事の中からクイズを探し出して答えると、正解者の中から各自1製品づつ豪華製品が当たります! 対象製品はこ [……
    Novationが新しいMIDIキーボードコントローラーSL Mk IIIを発表…
    NavationがSL Mk IIIを発表!シーケンサーやCV / Gateも装備!
    Blackmagic Design「Blackmagic Pocket Cine…
    NAB 2018で話題になり国内入荷はわずかのBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが、Rock oN渋谷店に展示!
    SSLは新製品、Fusionを発表!
    SSLは新たに設計された5つのアナログツールで構成されたFusionを発表!
    PresonusはStudioシリーズの新ラインナップとしてStudio 2|4…
    コンパクトなオーディオインターフェイス Studio 2|4を発表!
    Ableton Max for Liveの新たなデバイス「Probability…
    Probability Packを紹介動画を交えて内容紹介!
    Moog Musicは待望のフラッグシップシンセサイザー、Moog Oneを発表…
    兼ねてから噂のあったアナログポリフォニックシンセサイザー「Moog One」を正式に発表!
    AES NY 2018 Rock oN ショーレポート
    音楽溢れるNYから最新情報をリアルタイムに配信! 昨年に続きNYで開催されるAES Conventions。第145回を迎えるAES NY 2018の会場から、今年もRock oNレポーターが現地から最新情報をお届けしま [……
    ADAM Audioは同社初のスタジオヘッドフォン Studio Pro SP-…
    ADAM Audio初となるスタジオヘッドフォン、Studio Pro SP-5を本国サイトにて発表!
    AppleがLogic Pro X 10.4.2のバージョンアップを発表!
    安定性とパフォーマンスの改善のほか、色々な新機能を追加!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート