閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

22
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016 : Arturia

 

Namm2016_1Day_A_144

NAMM 2016 Arturiaブースにとんでもないモンスターシンセが出現!minimoogやWaldolf WAVEばりのインパクトの超重量級ヘビーモンスターシンセ、その名もMatrixBrute!

Namm2016_1Day_B_128

Arturiaがハードウェアのアナログシンセに帰ってきました。

昨今のアナログシンセブームの引き金の一つになったMiniBruteやMicroBrute。ピュアアナログ回路とスタインパーカーフィルターによる荒々しいサウンドで大ヒットしました。もともとArturiaはソフトウェアシンセサイザーを得意とし、同社が産み出したTAE技術はアナログの揺らぎを克明に再現あのMOOGからお墨付きをもらうほどです。そしてその後、アナログモデリング技術をフルに生かした前代未聞のフレキシビリティを誇るOriginをリリース。ここまではモデリングでしたが、Bruteシリーズでまさかのフルアナログモードに突入。
そして今回、Bruteシリーズの集大成的なMatrixBruteが登場しました。

早速細部を見ていきましょう!まず最も目を引くマトリックス部分、ここは大きく分けて3つのファンクションがあります。

①モジュレーション・ルーティング

Namm2016_1Day_B_130

これは目から鱗でした!16×16のマトリックスパッドの横を見てみると、ENV1やVCO PWなどのパラメーターがびっしり書き込まれています。これはつまり縦軸がモジュレーション・ソースになっていて、横軸がモジュレショーン・ディスティネーションになっています!16×16通りのモジュレーション・ルーティングが視覚的に確認できるのです。そしてそれぞれが交わる部分のパッドを押して、上部にある大きなノブ(Mod Amount)で個別にアマウントを調整、保存出来ます。いや〜考えましたね。このシステムのために大型の筐体になったのかな〜なんて考えてしまいますね。

②最大64stepのステップ・シーケンサー

Namm2016_1Day_B_134

アクセントとスライドも打ち込める(ここ重要!)ステップシーケンサー。ステップごとに異なるCV量をアサインできるため、メロディックかつカオティックなフレーズが簡単に作り出せます。またableton PUSHのようにパッドが光る点も視覚的にナイス!

③プリセット呼び出し

16×16=256のプリセットの呼び出しが瞬時に行えます!MiniBruteやMicroBruteはプリセットを持たなかっただけに、新鮮ですね。ライブでのフレキシビルな音色切り替えが使えそうです!

Namm2016_1Day_B_131

続いて、個人的にびっくりしたのがフィルターです。今までスタインパーカーフィルターで荒々しい独自の道を突き進んでいたBruteシリーズですが、なんと今回、それに加えてMOOGタイプのラダーフィルター(LB/HP/BP)も搭載!これらは直列/並列を切り替えることができ、どちらのモードでも「Mater Cutoff」なるつまみで同時にコントロール出来ます。面白いサウンドが期待出来ますね。Bruteシリーズよりさらにふくよかな印象を受けました!
ふくよかといえば、こちら3VCOでモノ/デュオフィオニックの切り替えできるため、分厚いサウンドや単純な和音も自在に繰り出せます。

さらにすごいのがエフェクト!搭載されたステレオ/モノラルディレイ、コーラス、フランジャー、リバーブがなんと全てアナログとのこと。100%アナログのシグナルパスでエフェクトだけデジタルなシンセが多いなか、気合入ってますね。

気になる価格は意外にも1999ドル、発売は4月頃を予定とのこと!待ちきれません!

Arturia MatrixBrute

Namm2016_1Day_A_143Namm2016_1Day_B_132

そして日本での発売がまたれる同社初のオーディオI/F Audiofuseシリーズがまるで美術館のように大事に展示されています。

Writer . Shibuya

Namm2016_1Day_A_167

Namm2016_1Day_A_169Namm2016_1Day_A_168

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月22日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company