閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

22
Jan.2016
REPORT

CELEMONY(1)

Namm2016_1Day_B_46

Ver.3から遂に進化を遂げたPitch Changeの定番Melodyne。振り返ると、Ver.3の発表が2006年。なんと10年ぶりの新バージョンの登場です。注目は、複数トラックからの信号を一つのプラグインで受けることの出来るARA(Audio Randam Access)機能を中心に、テンポシェイピング、サウンドシェイピングなど強力な機能が目白押し。これからも定番の座は揺るがないものとなることでしょう。

まずは、デモを行っていただきましたので、その実力の一端をご確認下さい。

※Melodyne 4の動画レポートはこちら!>>

Namm2016_1Day_B_47

Ver.3からの強力な機能として注目を集めたものの、Rewire経由のスタンドアローンでしか利用が難しかったDMAと呼ばれるPolyphonic処理。遂にプラグインでその機能を端から端まで使い切ることが出来るようになっています。更に一歩踏み込み、複数の他ラックからの信号を一つのプラグインで受け取って処理を行うというARA(Audio Randam Access)が注目の的。これまでどのプラグインも実現できていないまさに新しい機能。プラグインの内部で入力チャンネルをセレクトすることが出来るという編集には無くてはならないツールになるのではないでしょうか。デモ動画の中でも複数のトラックにまたがるコーラスを音程、タイミングを視覚的に確認しながら調整ができるユーザー待望の機能ではないでしょうか。プラグインウィンドウ内では波形が重ねあわせて表示されるのでタイミング合わせも簡単。

それ以外にも。グライコの様なGUIによるサウンドシェイピング機能。そして、GUIでグラフィカルに動く、テンポシェイプなどこれまで苦労をして行なっていたエディットが瞬時に行える強力な波形編集機能が搭載されました。もちろん、これらの機能はMelodyneの定評あるアルゴリズムに寄る処理となりますので音質面も安心。すでにリリースが始まっています。先ずはデモ版でその実力をお試し下さい!!

Celemony

Namm2016_1Day_B_48

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月22日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company