閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

02
Oct.2016
REPORT

AES 2016 : Audionamix


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


Audionamixといえば、ボーカル分離を行うプラグインとしてADX TRAX PROが世界中から注目を浴びているメーカー。今回はその技術を利用したプラグインが登場。

Day3-7

常にデモ順待ちが発生していたAudionamix。それほど注目の高いメーカーから放たれたのはADX SVCという新製品。2chミックスからスピーチとバックグラウンドを分離し、それぞれの音量を調節できるという製品です。

Day3-11

MA作業やDJトラッキングなど、2chにミックスされた楽曲や音声を使用する際、作業しているなかでスピーチなどのボリュームを再調整したくなることは多くあると思います。そんな時にうってつけなのが、このADX SVCではないでしょうか?
パラメータもとても簡単ですぐに使いこなせそうです。デモンストレーションを収録してきましたので、下記をごらんください。

残念ながら、デモンストレーションはヘッドホンのみの試聴でしたので、音声までお届けできませんでしたが、非常に綺麗に編集することが可能です。
Audionamixのポリシーである「ボーカル除去ではなく、”分離だ”」という精神のもとに設計されており、納得の製品です。

今回展示されているのはまだベータ版ということで、アメリカでは10月末に発売開始となるようです。値段はフルライセンスが249ドル、2週間限定のライセンスは19.99ドルとなっています。急な仕事などいざという時に使用できる2週間版のライセンスが用意されているのは嬉しいですね。なお、こちらの商品も処理にインターネット接続が必要となります。どうもこのプラグインもインターネット上にあるAudionamixのサーバーの力を使わないといけないようですね。日本の編集スタジオや音楽スタジオはコンピューターをオフラインの環境に置くことが多いので、この機能がオフラインでも使用できリルようになるといいですね。



Writer : Akao





AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月2日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company