閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

01
Oct.2016
REPORT

AES 2016 : AVID Pro Tools | MTRX


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES 2016 Rock oN Show Report AVID

昨日速報としてお届けしたAES 2016でのAVIDのBig News「Pro Tools | MTRX」の登場。DAD AX32のフェイスチェンジという内容ですが、今後の展開を考えると様々な憶測が飛び交います。

AES 2016 Rock oN Show Report AVID


この製品の最大の特徴は、2つの端子が用意されたDigilink portではないでしょうか?従来のDigilinkを備えた製品はHD IOであればPrimaryとExpansionというINとThruに当たる接続ポートが、HD MADIでは64chを扱うために2つのポートとなっていましたが、MTRXではなんと2台のPro Toolsを接続するための2×Primaryというモードを持っています。2台のPro Toolsから32ch in/outのI/Oとして利用することが可能。強力なモニターコントローラーとしての機能とともに、システムの中核として活躍することが出来ます。

AES 2016 Rock oN Show Report AVID


もちろん、DAD AX32と同様にAVID S6とのインテグレーションも完璧。ソース切替、スピーカーセットの切替はもちろん、ダウンミックスや、Cue SendへのSorceカラのジユなアサインなど、大規模コンソールに匹敵するモニターセクションの構築が可能となります。
もちろん、内部のマトリクス機能も充実、一切の制約なく自由にルーティングが可能となっています。

Day2-25


AES 2016 Rock oN Show Report AVID

Pro Tools HDシステムは、9月からIOとのセット販売をやめ、自由にIOを選択して購入することが可能となっています。2台のHDXシステムと1台のMTRXでシステムが組める。これもその要因の一つだったのではないでしょうか。DADmanというコントロール用のアプリケーションもジュウン長にバージョンアップが行われ、機能強化が進んでいます。強力なプロセッサーを搭載しているため、今後様々な機能が追加されていくことでしょう。また、DADはDSDにまで対応する高品位なAD/DAを搭載しています。ProTools | MTRとなりDSD、384への対応という部分にも期待が持てますね。ハードウェア、システムとしてのPro Toolsの未来を占うプロダクトの登場です。

AVIDからはまだ 詳細な情報はリリースされていません。現時点ではDAD AX32と同じ機能をもっているということがわかっています。英文ではありますが、本国サイトでその機能をご確認下さい。

http://www.digitalaudio.dk/

AVID
https://www.avid.com

Writer : Yosuke





AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company