閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

30
Sep.2016
REPORT

2016 AES Show Report : Avid Pro Tools12.6


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES2016 Rock oN Show report AVID


誰もがリリースを楽しみにしていたPro Tools12.6の展示で、ブースには常に熱気があふれていました。日本でも待ち望んでいた方も多いはずのPro Tools 12.6を早速レポートします。

まずはムービーをどうぞ。


いかがでしょうか?内容はすでに公開されていたとはいえ、この素晴らしい機能の数々に、Avidの本気が伺えますね。Avid Brogでもその制作秘話が公開されるほど、Avidが丹精込めて作り上げてきたことが伺えます。このPro Tools 12.6という新しいバージョンは、Pro ToolsのUpgrade and Support Planに加入済みであればどのユーザーでも使用できるので、みなさん、ぜひお試しください。

AES2016 Rock oN Show report AVID


特に、Clip Effectの部分の機能を待ち望んでいた方も多いはずです。今まで、Audio SuiteでクリップごとにかけていたEQやDynamicsを修正できる点は素晴らしいです。しかも、複数のクリップにEffectをかけてもクリップが1本化しないのも嬉しいですね。

AES2016 Rock oN Show report AVID


クリップにEffectがかかると、Effectの種類のサインがクリップ上に現れるのも、大きなポイントです。このサインによってEQ/Dynのどれがかかっているかが判別できます。もちろん、これらの設定は5つのプリセットに保存することもできるので、Audio Suiteのように設定を保存して、他のクリップを選んで、プリセットをロードして、Prosess!という幾つもの手順をボタン一つで反映させることができます。

また、今回のバージョンからDigiLinkオプションというライセンスが増え、HDXまたはHD NativeからDigiLinkケーブルを使用してI/Oを使用するシステムに関して、別途ライセンスが必要となるということなので、3rd Party製I/Oをご使用の方は注意が必要です。
Upgrade and Support Planに加入済みユーザーは順次Pro ToolsとDigiLinkオプションのライセンスが順次発行されるとのことなので、ライセンスが届くのが待ち遠しいですね。

Avid
https://www.avid.com/ja/

Writer : Akao




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月30日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company