閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

30
Sep.2016
REPORT

2016 AES Show Report : Avid Pro Tools12.6


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES2016 Rock oN Show report AVID


誰もがリリースを楽しみにしていたPro Tools12.6の展示で、ブースには常に熱気があふれていました。日本でも待ち望んでいた方も多いはずのPro Tools 12.6を早速レポートします。

まずはムービーをどうぞ。


いかがでしょうか?内容はすでに公開されていたとはいえ、この素晴らしい機能の数々に、Avidの本気が伺えますね。Avid Brogでもその制作秘話が公開されるほど、Avidが丹精込めて作り上げてきたことが伺えます。このPro Tools 12.6という新しいバージョンは、Pro ToolsのUpgrade and Support Planに加入済みであればどのユーザーでも使用できるので、みなさん、ぜひお試しください。

AES2016 Rock oN Show report AVID


特に、Clip Effectの部分の機能を待ち望んでいた方も多いはずです。今まで、Audio SuiteでクリップごとにかけていたEQやDynamicsを修正できる点は素晴らしいです。しかも、複数のクリップにEffectをかけてもクリップが1本化しないのも嬉しいですね。

AES2016 Rock oN Show report AVID


クリップにEffectがかかると、Effectの種類のサインがクリップ上に現れるのも、大きなポイントです。このサインによってEQ/Dynのどれがかかっているかが判別できます。もちろん、これらの設定は5つのプリセットに保存することもできるので、Audio Suiteのように設定を保存して、他のクリップを選んで、プリセットをロードして、Prosess!という幾つもの手順をボタン一つで反映させることができます。

また、今回のバージョンからDigiLinkオプションというライセンスが増え、HDXまたはHD NativeからDigiLinkケーブルを使用してI/Oを使用するシステムに関して、別途ライセンスが必要となるということなので、3rd Party製I/Oをご使用の方は注意が必要です。
Upgrade and Support Planに加入済みユーザーは順次Pro ToolsとDigiLinkオプションのライセンスが順次発行されるとのことなので、ライセンスが届くのが待ち遠しいですね。

Avid
https://www.avid.com/ja/

Writer : Akao




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月30日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company