閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

01
Oct.2016
REPORT

AES 2016 : Earthworks


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES 2016 Rock oN Show Report Earthworks


高速なインパルス応答特性を持ち、リアルなサウンドを捉えることの出来るEarthworksのマイク。AES 2016での新製品はインストール用のマイクシリーズにバウンダリーのような形態の製品が登場です。

AES 2016 Rock oN Show Report Earthworks


こちらがそのマイク。全くマイクらしくないのが素晴らしい!!黒の円形の物体がマイクなのですが、サイズもコンパクトで、机上などに仕込むにはもってこいですね。

AES 2016 Rock oN Show Report Earthworks


裏から見ると、これがマイクだということがわかります。黒いゴムパッドのセンターにダイヤフラムがあるという設計。Earthworksの製品は基本的に無指向ですのでこのような設置方法でもカバーエリアは広く取れるのではないでしょうか。

AES 2016 Rock oN Show Report Earthworks


AES_day1-181


AES_day1-212


もちろん、定番となってきているQTCシリーズ、PM(ピアノマイク)なども展示が行われていました。NAB 2016で展示の有ったナレーション収録向けの製品が見当たらなかったのが少し残念。Earthworks初のラージダイヤフラム製品の登場か?と期待をしていましたが、今後の展開をしっかりと見守って行きたいと思います。

Earthworks
http://www.earthworksaudio.com/

Writer : Akao

20160930_aes2016_quiz_21090

Question
コースターと間違われてカップを置かれないかと心配になる、新製品のCTB30ですが、これを動作させるためのファンタム電源は何V?

Answer
下から1つクリックして下さい。

(1) 9V >>
(2) 48V >>
(3) 100万V >>

【ご注意】
下記注意事項をご確認の上、ご参加ください。

# eStore会員様限定企画です。まだ会員登録をされていない場合は、ぜひ新規にご登録の上、ご参加ください!
会員新規登録URL : https://store.miroc.co.jp/p/register

# ご注文いただけるのは、レポート1日目~3日目まで、各1問。合計3問それぞれに対して、お一人様1回のみとさせていただきます(全問参加の場合で、3問です)。例えば、同製品で複数の答えにご応募いただいた場合は、抽選対象外となりますので、ご注意ください!

# 抽選から外れた場合は、ご注文をキャンセルさせていただきます。




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company