閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

01
Oct.2016
REPORT

AES 2016 : SSL(1)


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES2016 Rock oN Show report SSL


デジタル全盛の今の時代となっても、やはりAES SHOWの中心はコンソール。音を扱う人間にとっては、非常に重要なものと認識されているのがこのブースの盛り上がりからも感じられます。ラージフォーマットのアナログコンソールで時代を築いたSSLは、Danteを全面的に採用し、そのシグナルバックボーンにNetwork Audioを積極的に採用しています。




AES2016 Rock oN Show report SSL


AESで発表となった新製品がこちら。白くなったNucleus。色が変わっただけではありません。こちられっきとした新製品Nucleus2です!!このサイズの製品ながらDanteを搭載。これまでとは違った提案が多く含まれたプロダクトとなっています。元々、Nucleusは2chのSuperAnalogue MicPreに高品位なモニターセクションを備え、16chのDAWリモート用のフェーダーとともに、DAWに欠かせないパーツの集合体として登場しています。USB端子も備え、Audio Interfaceとしての機能ももっていました。それがNucleus2となったことでNetwork Audioに対応。シグナルのNetwork化により、作業環境のエンドポイントとして新しい活躍の場を得ています。共有作業を行う際にこのようなモニターセクションをもった製品は街のざまれていたのではないでしょうか?

AES2016 Rock oN Show report SSL


AES_day1-75


AES_day1-76

白い筐体はSSLの製品として新鮮さを覚えます。また、センターに書かれたDanteのロゴ。SSLの未来の姿を感じさせますね。

AES2016 Rock oN Show report SSL


もちろん、AWS,DualityといったMusic Production向けの製品もずらりと展示。Delta CTRLによりDAWとの密な連携が行えるようになっているのは、皆様も御存知の通り。SSLの持つハイエンドアナログ回路設計を、DAWからオートメーションできるという夢のような製品。

AES2016 Rock oN Show report SSL


AES_day1-92

全てのアナログコンソールにdeltaのロゴが入っています。SSLとしてのDAW時代の制作ワークフローの提案がココには詰まっています。DAWの利便性とアナログコンソールの音質の両立がココにはあります。

AES2016 Rock oN Show report SSL


AES_day1-94



もちろん、純アナログ製品も忘れてはいません。500シリーズ互換モジュールを積極的にリリースし、その筐体となるXL deskもあります。Rock oN店頭で目にされた方も多いのではないでしょうか。やはりSSLのコンソールは良いですよ!!

AES2016 Rock oN Show report SSL


AES_day1-97


AES_day1-98


AES_day1-99


最後は、近年力を入れているライブ向けの製品Lシリーズのコンソール。その音質から世界中で高い評価を得ているコンソールの一つ。こちらもやはりDanteをつかったNetwork Audioへの対応済み。これまでに培った安定のMADIを軸にNetwork Audioとの融合がシステムアップ時に大きな魅力となることでしょう。


SSL
http://www.sydec.be

Writer : Yosuke





AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company