閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

01
Oct.2016
REPORT

AES 2016 : TASCAM


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES 2016 Rock oN Show Report TASCAM

日本メーカーとして数多くの業務向け製品を展開するTASCAM。AESでは大きな発表はなかったものの、多くの来場者で賑わっています。やはり日本の製品の持つ、安心感と、きめ細やかな機能が受け入れられているのではないでしょうか。
AES 2016 Rock oN Show Report TASCAM

今回のAES SHOWでの新製品は、64ch Master Recorderとして高い人気を誇るDA-6400の出力モジュール。以前より、リリースの情報が出ていたAnalog対応のカードが遂に登場です。写真右上のIF-AN16/OUTがそれです。2口のD-SUBにより16chのAnalog OUTが提供されるということ。モニタリング用にアナログの出力が活躍すること間違いありません。次は、InputのModuleの登場に期待したいですね!!個人的には、Air Micの入力を想定して、8in/outの製品がほしいところです。
AES 2016 Rock oN Show Report TASCAM

そして、同じくDA-6400用のSSDに480GBモデルが登場しています。メーカー純正ということで、しっかりと耐久試験をパスしたモジュールが提供される。しかもそれほど高い値段ではなく販売がされているのもDA-6400の魅力の一つ。これまでは240GBしか準備されていませんでしたが、大容量メディアの登場は嬉しい発表ではないでしょうか。

AES 2016 Rock oN Show Report TASCAM


AES_day1-20


AES_day1-21


AES_day1-22

そして、ブースの中央に展示されていたのが、Rock oNでも人気のDR-701D。DSLR用の音声レコーダーの真打ちとも言える製品。HDMIの入出力をもっているのがその魅力。カメラからのHDMIに外部に準備した高品位MicをエンベデッドしてVideo Recorderへ送る。DR-701D自体は、HDMIからクロック供給を受けることができ、Viedo Recorderと完全に尺の一致した音声データを収録することが可能になっています。
AES 2016 Rock oN Show Report TASCAM

余談ですが、TASCAMの展示台の中には、過去の銘機がズラリ!!この中の機械にお世話になった方もおおいのではないでしょうか?昨年のInterBEEからTASCAMのブースはこのような懐かしい展示が有りますね。今年のInterBEEの展示も楽しみです!!


TASCAM
https://tascam.jp/

Writer : Yosuke





AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company