閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

30
Sep.2016
REPORT

2016 AES Show Report : WAVES (2)


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES2016 Rock oN Show report WAVES

WavesではLV1システムをはじめとする、SoundGridネットワーク関連の展示や、アンドリュー・シェップスとWavesと共同開発したParallel Particlesの本人によるデモンストレーションに加え、今秋リリース予定の新製品も展示されていました

Abbey Road Vinyl

AES2016 Rock oN Show report WAVES



アビーロード・スタジオ常設のヴァイナル・カッティングマシンおよびそのマスタリング機材を精密にモデリングし、様々なアナログ・レコードによる暖かな特性を生み出すプラグイン。

アセテート盤からプリントマスター盤、さらにはカートリッジの違いによる変化まで再現しています。さらにカッティングマシン手前に使われているマスタリングコンソールはTG12345とのことですから、贅沢極まりないですね。

Primary Source Expander

AES2016 Rock oN Show report WAVES



なにやら聞きなれない名前ですが、こちらはおもにライブステージのマイクでの使用を念頭に設計されたプラグインとのこと。演奏時以外のときのフィードバックやバックグラウンドのノイズを適切に検知、減衰させ、パフォーマンスでのよりラウドで明瞭なゲインを得ることができるという優れものです。

ベーシックなスレッショルドとレンジ設定だけで、あとはオートマティックにフィードバックやバックグラウンドを減衰してくれるそう。なるほどエクスパンダーのプラグインなわけです。ボーカルはもちろんギター、キーボード、ストリングスほか音階を演奏する他の楽器に最適化されているため、よりフレキシブルな減衰が可能とのことです。

Greg Wells ToneCentric Plugin

AES2016 Rock oN Show report WAVES

こちらは、そのインターフェースからご存知の方もいるかもしれません。ケイティ・ペリー、アデル、ワン・リパブリックとヒットメーカーのプロデュースで知られ、エンジニア/コンポーザーでもあるグレッグ・ウェルズ氏との共同開発Artist Signatureからの新作です。ふくよかで音楽的なプレゼンスと太さを加えてくれるハーモニック・エンハンサー・プラグイン。

グレッグ氏いわく、自身のスタジオにある真空管コンプレッサーやテープマシン、カスタムの真空管コンソールなどの持つ独特の豊かなハイエンドを再現するために作った、とのこと。

WAVES
http://www.waves.com

Writer : Y.Okada

AES2016 Rock oN Show report WAVES


AES2016 Rock oN Show report WAVES




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月30日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company