閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

30
Sep.2016
REPORT

2016 AES Show Report : WAVES (2)


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


AES2016 Rock oN Show report WAVES

WavesではLV1システムをはじめとする、SoundGridネットワーク関連の展示や、アンドリュー・シェップスとWavesと共同開発したParallel Particlesの本人によるデモンストレーションに加え、今秋リリース予定の新製品も展示されていました

Abbey Road Vinyl

AES2016 Rock oN Show report WAVES



アビーロード・スタジオ常設のヴァイナル・カッティングマシンおよびそのマスタリング機材を精密にモデリングし、様々なアナログ・レコードによる暖かな特性を生み出すプラグイン。

アセテート盤からプリントマスター盤、さらにはカートリッジの違いによる変化まで再現しています。さらにカッティングマシン手前に使われているマスタリングコンソールはTG12345とのことですから、贅沢極まりないですね。

Primary Source Expander

AES2016 Rock oN Show report WAVES



なにやら聞きなれない名前ですが、こちらはおもにライブステージのマイクでの使用を念頭に設計されたプラグインとのこと。演奏時以外のときのフィードバックやバックグラウンドのノイズを適切に検知、減衰させ、パフォーマンスでのよりラウドで明瞭なゲインを得ることができるという優れものです。

ベーシックなスレッショルドとレンジ設定だけで、あとはオートマティックにフィードバックやバックグラウンドを減衰してくれるそう。なるほどエクスパンダーのプラグインなわけです。ボーカルはもちろんギター、キーボード、ストリングスほか音階を演奏する他の楽器に最適化されているため、よりフレキシブルな減衰が可能とのことです。

Greg Wells ToneCentric Plugin

AES2016 Rock oN Show report WAVES

こちらは、そのインターフェースからご存知の方もいるかもしれません。ケイティ・ペリー、アデル、ワン・リパブリックとヒットメーカーのプロデュースで知られ、エンジニア/コンポーザーでもあるグレッグ・ウェルズ氏との共同開発Artist Signatureからの新作です。ふくよかで音楽的なプレゼンスと太さを加えてくれるハーモニック・エンハンサー・プラグイン。

グレッグ氏いわく、自身のスタジオにある真空管コンプレッサーやテープマシン、カスタムの真空管コンソールなどの持つ独特の豊かなハイエンドを再現するために作った、とのこと。

WAVES
http://www.waves.com

Writer : Y.Okada

AES2016 Rock oN Show report WAVES


AES2016 Rock oN Show report WAVES




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月30日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company