閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

19
Oct.2017
REPORT

AES 2017 DAY1 : iZotope


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

AES 2017 iZotope

AES直前に衝撃的な新製品Ozone 8 とNeutron 2 (O8N2)をリリースしたiZotopeブース!今この瞬間も売れているほどのヒットを記録している2製品ですが、何と言っても今回のアップデートで特筆したいポイントはこちらの3点

  • OZONE8にマスタリング特化したインテリジェンス機能 MASTER ASSISTANT の搭載
  • NEUTRON1ではアシスト対象外だった『GAINとPAN』操作を補佐するビジュアルミキサーの搭載
  • OZONE8とNEUTRON2を統合し1ウィンドウからアクセスするTONAL BARANCEプラグイン

上記ポイント解説やラインナップなどはこちらの記事をご覧ください!

AES 2017 iZotope

そして9月発表のiZotope製ハードウェア新製品、Spireの存在も見逃せません。

日本国内での発売は2018年になる見込みとのことだが、iZotopeが誇る解析技術、ユーザーフレンドリーな機能とデザイン、そしてGraceDesign社が開発しているマイクプリアンプ搭載というコラボレーションも興味深い。

AES 2017 iZotope

コンセプトとしては、自宅やスタジオにこれ1台を置くだけで、内蔵マイク&オーディオ入力でレコーディング。各トラック演奏をOzoneやRXなどで培ったSpectramプロセッシングを応用し、本体DSPでプロセッシング後、iOS端末にオーディオデータを送ってくれるという優れもの。

録音自体は内蔵のメモリー内で行われており、プロセッシングの内容調整もiOS側から非常に簡単なGUI操作で行うことができる。現時点でわかっている情報ではハードウェアサンプリングレートは44.1kHzのようだが、レコーディングを楽しむユーザーターゲットが明確だからこそハイサンプリングレートは不要と判断した結果でしょう。こちらも今後のアップデート情報から目が離せない!

iZotope
https://www.izotope.com/

Writer. Takemoto

記事内に掲載されている価格は 2017年10月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート