閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

18
Apr.2016
REPORT

AVID Connect 2016 Review : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

nab show 2016 RockoN ショーレポート

NAB2016の直前、2日間に渡り盛大に行われたAVID Connect。AVIDの最新情報、そして未来へのビジョンが提示された。そんな中、プレゼンテーションからにじみ出るのは、この業界の置かれている現実。制作コンテンツ数の増加とバジェットの低下、時間効率、映像バンド幅の増加、ストレージ領域の圧迫。プレゼンテーションの端々にこのような相反する現実が提示され、それを乗り越えるためのビジョンが示されていたのが、非常に印象的であった。

nab show 2016 RockoN ショーレポート

nab show 2016 RockoN ショーレポート

nab show 2016 RockoN ショーレポート

様々な媒体への対応=コンテンツのマネタイズの促進、Cloudサービス=効率、投資の最適化、これからのワークフローの考え方、出口までを見据えた制作環境の提示が見られた。逆に昨年までのAsset Managementの最適解によるマネタイズの最大化という部分には一切触れられていなかったのが、印象に残ります。すでに、当たり前になっているということでしょうか?
nab show 2016 RockoN ショーレポート

Video over IPの技術もすでに現実のものとなり、昨年のスーパーボウルでは全てのBaseband回線がIPでの伝送となっていたということだ。このように新しいテクノロジーへの試みが各所で行われている。国内でもNHKが8K対応の中継車でVoIPを採用したりもしている。そこでは「Standardになってからでは遅い!」と刺激的なコメントも飛び出していました。Standardになった時にはすでに1世代前の技術になっているという見識。今のテクノロジーの進化のスピードを考えればこのようなコメントも頷ける部分があるかと思う。また固定設備を持たずにCloudへサービスを置くことにより、常に最新の機器で、利用した分だけの費用を支払うということで、投資効率の最大化も考えられる。世界中のcloudを提供している拠点から最適なコストを選択して利用しているなどという実例も提示された。具体的にはStorageはアジアのサービスが安いのでそこを利用する、処理に関してはアメリカの設備が最新で高速性を期待出来るため、そこを利用。そのようなこともすでに活用され始めている。
nab show 2016 RockoN ショーレポート

明日からのNAB 2016ではこのような最先端のサービスが数多く展開されていることであると思う。世界の流れを感じてもらえる製品をピックアップしてお伝えできればと思う。

Writer. Yosuke


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company