閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

08
Apr.2019
REPORT

Avid Connect 2019 Day 2 : Industry Leaders Keynote

_DSC4830

Industry Leaders Keynoteと銘打たれたこちらのセッション。Cloudの話題を中心として、ユーザーが意見を交換するという内容で進行しました。最初はDavenportからデータから読み解き、Cloudの現状解説が行われました。

_DSC4807

ACAのメンバーへのアンケートからユーザーの興味としてのCloudはこの位置でした。約6割のユーザーが興味があるという回答を行っています。

_DSC4809

分野別の順位はこちら。当然の結果かもしれませんがエンタープライズのユーザーの興味対象としては3位であったことがわかります。

_DSC4811

この10年でのCloudの成長曲線。市場自体は成熟し、安定成長期に入っていることがグラフから読み取れます。

_DSC4813

これまでCloudの課題として提言されてきたキーワード。どんどん内容が具体的になっているのがわかります。

_DSC4815

大規模な放送局にとってCloudは最も重要な技術であるという結果を表すグラフです。4K/UHDよりも上位に位置しているのがインパクトあります。

_DSC4817

プロジェクトの中でのコストの分布。Cloudはそれほどコストがかかっていないということがわかります。

_DSC4819

ワークフローの中でどの部分をCloudにするのが良いかということがよく分かるグラフです。濃い緑がすでにCLoudが使われているフローとなります。

_DSC4821

そして業務レベル別にCloudに対しての期待度ランキング。上位はほとんど同じということがわかります。

_DSC4822

非常にキャッチーですね。何はともあれCostが一番重要ということ。このようなデータの分析の後にAVID CEO Jeff RosicaとMicrosoft Tad Brockway氏が加わり、現状のAVIDのCloudに対しての取り組みが語られました。

すでにスタートしているPro Tools Collaboration機能や昨日発表されたNEXIS Cloudspaces、Media Central UXなど、様々な分野でCloudを活用したサービスはスタートしています。

特にPro Toolsはコラボレーション機能が完全に統合された環境を実現しており、個人でも導入できるサービスが確立されています。みなさんはこちらのサービス使ったことはありますか?是非ともお試しいただきたい機能です。

_DSC4829

_DSC4830

そして最後にユーザーを含めて5名が更に登壇し、現在のCloudを使っての利便性の向上ポイントや今後の課題、セキュリティーなどに関してディスカッションが行われました。

これだけITが進歩している今、これを活用しないという選択肢は無いでしょう。サービスは慎重に選択する必要がありますが我々もIT移管しての正確な知識を得てゆく必要性を強く感じます。

リアルタイム伝送のIP化、そしてCLoudを活用したワークフローの確率。このようなIT Technologieがこれからも大きな課題となっていくことでしょう。

Writer.Yousuke

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company