閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

07
Apr.2019
REPORT

Avid Connect 2019 : Day1-1

AVID Connect 2019

nab2019_index_bannar

今年もNAB 2019に先立ち、2日間の開催となるAVID Connect 2019

今年一年、そして将来のビジョンをユーザーと共有するACA=Avid Customer Associationのイベント。昨年までのWynn LasVegasからAriaへと会場を移しての開催となっています。今年は、どのような製品、情報、そしてビジョンが提示されるのでしょうか。

General Sessionが朝の9:00からのスタート

まずは、General Sessionが朝の9:00からスタート。ここでは、これからのビジョン、そして新製品の発表が行われます。会場はほぼ満席でAvidユーザーの熱い視線が注がれる中、セッションがスタート。最初に登壇したのは、ACA BOARD CO-CHAIRのRICHARD FRIEDEL氏。昨年より、ACAがAVID CONNECTの中心であるということから、ACAの主要メンバーがAVID CONNECTイベント自体のアジェンダ説明を行います。今年のAVID CONNECTは、充実したBreakout Sessionが特徴的。分野別に別れて、ユーザーの事例紹介やTipsなど興味深いセッションが目白押しです。今年はなんと26セッション、登壇者数は92名にもなるということ。注目は、今年のオスカーを獲得した「ボヘミアン・ラプソディー」のサウンドチームによるセッション。これらの紹介が行われたあとに、CEOであるJeff Rosica氏にバントンが渡されました。Jeff氏はまず、この方の紹介からスタート。

Avidの創業者であるBill Warner氏です

写真を見て、わかる方いらっしゃいますか?なんとAvidの創業者であるBill Warner氏です。ノンリニア編集ソフトの父とも言われるイノベーションあふれる業界にとって非常に重要な人物。そのBill氏が会場にいるということで会場の熱気が一気にヒートアップ! とここで、最新のAvidを導入して成功している実例がダイジェストに紹介されていきます。ここでもAvidのソリューションを活用してユーザーがどのようなエリット、イノベーションを得ることが出来たかが強調されます。

放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介

放送からライブサウンドまで幅広い分野からの紹介となっています。これに続きビジョンが発表されます。まず現れたのがこちらのスライド。

あなたの未来はここにある、革新するのは今

非常に意味深なワードですよね。直訳すると、「あなたの未来はここにある、革新するのは今」となりますね。これを受けて、今年のAVIDのビジョンとしては、こちらが提示されました。

「rethink=再考」して「reinvent=再構築」して「repeat=繰り返す」

「rethink=再考」して「reinvent=再構築」して「repeat=繰り返す」。

この循環が、プロダクトを育てる。ユーザーの声を聞き、ニーズを汲み取り再考して再構築する。そして、再構築するためには、これまでの成功を否定することだってしなければならない。我々を取り巻く状況は日々進化を続けているのだから。といった内容。

Avidのスタッフ

そして、その考えに共感し一緒に働いているのがこの写真に写っているAvidのスタッフだと。みなさんもあったことのあるスタッフも写っているかもしれませんね。日本のスタッフDaniel氏の姿も確認できます。

Dana Ruzicka氏にバトンが渡されます

そして、最後にこのスライド。まさに、次に向けて力強く進んでいこうとしているということが感じられると思います。そして、ここからが、General Sessionの目玉である新製品の発表。Chief Product OfficerであるDana Ruzicka氏にバトンが渡されます。

Writer : Yosuke

AVID
https://www.avid.com/


Avid Connect 2019 : Day1-2に続きます>>

nab2019_i_avid_c02


ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company