閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

07
Apr.2019
REPORT

Avid Connect 2019 : Day1-1

AVID Connect 2019

nab2019_index_bannar

今年もNAB 2019に先立ち、2日間の開催となるAVID Connect 2019

今年一年、そして将来のビジョンをユーザーと共有するACA=Avid Customer Associationのイベント。昨年までのWynn LasVegasからAriaへと会場を移しての開催となっています。今年は、どのような製品、情報、そしてビジョンが提示されるのでしょうか。

General Sessionが朝の9:00からのスタート

まずは、General Sessionが朝の9:00からスタート。ここでは、これからのビジョン、そして新製品の発表が行われます。会場はほぼ満席でAvidユーザーの熱い視線が注がれる中、セッションがスタート。最初に登壇したのは、ACA BOARD CO-CHAIRのRICHARD FRIEDEL氏。昨年より、ACAがAVID CONNECTの中心であるということから、ACAの主要メンバーがAVID CONNECTイベント自体のアジェンダ説明を行います。今年のAVID CONNECTは、充実したBreakout Sessionが特徴的。分野別に別れて、ユーザーの事例紹介やTipsなど興味深いセッションが目白押しです。今年はなんと26セッション、登壇者数は92名にもなるということ。注目は、今年のオスカーを獲得した「ボヘミアン・ラプソディー」のサウンドチームによるセッション。これらの紹介が行われたあとに、CEOであるJeff Rosica氏にバントンが渡されました。Jeff氏はまず、この方の紹介からスタート。

Avidの創業者であるBill Warner氏です

写真を見て、わかる方いらっしゃいますか?なんとAvidの創業者であるBill Warner氏です。ノンリニア編集ソフトの父とも言われるイノベーションあふれる業界にとって非常に重要な人物。そのBill氏が会場にいるということで会場の熱気が一気にヒートアップ! とここで、最新のAvidを導入して成功している実例がダイジェストに紹介されていきます。ここでもAvidのソリューションを活用してユーザーがどのようなエリット、イノベーションを得ることが出来たかが強調されます。

放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介
放送空、ライブサウンドまで幅広い分野からの紹介

放送からライブサウンドまで幅広い分野からの紹介となっています。これに続きビジョンが発表されます。まず現れたのがこちらのスライド。

あなたの未来はここにある、革新するのは今

非常に意味深なワードですよね。直訳すると、「あなたの未来はここにある、革新するのは今」となりますね。これを受けて、今年のAVIDのビジョンとしては、こちらが提示されました。

「rethink=再考」して「reinvent=再構築」して「repeat=繰り返す」

「rethink=再考」して「reinvent=再構築」して「repeat=繰り返す」。

この循環が、プロダクトを育てる。ユーザーの声を聞き、ニーズを汲み取り再考して再構築する。そして、再構築するためには、これまでの成功を否定することだってしなければならない。我々を取り巻く状況は日々進化を続けているのだから。といった内容。

Avidのスタッフ

そして、その考えに共感し一緒に働いているのがこの写真に写っているAvidのスタッフだと。みなさんもあったことのあるスタッフも写っているかもしれませんね。日本のスタッフDaniel氏の姿も確認できます。

Dana Ruzicka氏にバトンが渡されます

そして、最後にこのスライド。まさに、次に向けて力強く進んでいこうとしているということが感じられると思います。そして、ここからが、General Sessionの目玉である新製品の発表。Chief Product OfficerであるDana Ruzicka氏にバトンが渡されます。

Writer : Yosuke

AVID
https://www.avid.com/


Avid Connect 2019 : Day1-2に続きます>>

nab2019_i_avid_c02


ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company