閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

18
Apr.2016
REPORT

AVID Connect Future of Vision – Rashid Desai : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

AVID Connect DAY2のスタートはFuture of Vision。AVIDの今後のテクノロジーの方向性を示すプレゼンテーションが行われた。最初の登壇者はSVP and Chief Technology OfficerのRashid Desai氏による「Platform First」

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

共有コンポーネント、サービスを接続するための重要なパーツがAPI=Application Progrum Interface。今後切っても切り離せないテクノロジーとなるCloud、そしてそこへAVIDがどの様にアプローチをしてゆくのか?AVIDのビジョンを知る上でまずは、このAPI,Platform等の概念が解説された。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Visionnab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

世界中で活用されているPlatformの構造が、それぞれ簡潔に解説が行われた。その上でAVIDの製品群にそれを当てはめた図が提示された。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

続けて、AVIDがすでにリリースしているサービス、エンジンの一覧が提示され、すでにかなりの部分が完成していることを印象づけた。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

On-PremisesとCloudのそれぞれの構造が示され、何を考え、どのような構造でそのサービスの実現を考えているのかが示された。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

アーキテクチャーはPoint to PointではなくEvent Enabled Microservicesという考え方が提示された。PtoPではノードが増えるたびに接続が多岐にわたり、その制御、管理が煩雑になるが、Event enabled Microservcesでは1本の幹にノードがぶら下がるような構造になるためにシンプルな接続をとることが可能。

具体的にサービスを並べて図式化したのがこちらのスライド。Interconnect Eventという幹が走り、そのパイプをEvent(命令)が伝達される。この一番太いパイプがEventを次のサービス(図中でClusterとなっている部分)に伝え、タスクが処理されると次のサービスへのEventが送信されるという具合だ。

ここで、ClusterがClashした場合の状況が例として説明された。ClashしたClusterへのEventは全てwaitingとなり、Clusterが復旧するまで待機をする。そして、Clusterが復旧したら、順次処理が再開されるという障害耐久性の高いシステムとなるということだ。一般的には一部分のサービスがクラッシュすると最初から処理がやり直しとなることが多いが、前段のサービスでの処理はそのまま保留されるというのは大きなメリットと感じる。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

そしてそれぞれのClusterはOn premisesでもCloudでも構わない、その選択は自由。選択の考え方が簡単に説明された。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

AVIDではすでにConnctivity Toolkitを公開して3rd partyのメーカーの賛同を得られているがこのAPIの拡張が今後も続けられる。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

そして現状のMedia CentralとCloudの比較。基本的にCLosed名環境を前提として設計が行われているMedia Centralだが、今後はCloudに舵を切りたいという意思表明とも取れるプレゼンテーションが続いた。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

現状のMedia CentralをCLoudに移行するためのステップが解説され、ユーザーの選択により、どちらデモ利用できるソリューションへと展開を行うという解説。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

そのサービスがConnectするのがPlatformであり、AVIDはこのPlatformを持っているということがメリット。Platformを一番大切に考え、周辺のServiceと接続が行える進化をとげるためにAPIであるConnectivity Toolkitの更新に取り組んでいるということだ。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Future of Vision

Cloud serviceは、今まさにIT分野の最先端。IN-houseのシステムからCloudを活用した冗長性と、柔軟性をもったシステム展開が今後のトレンドとなることは容易に想像がつく。そのための準備をAVIDは確実に進めているということがわかるビジョンの提示が行われた。

Cloudに対する不安、特にセキュリティーに関しての課題がクリアとなり、この業界でも当たり前のように活用される日は遠くないのではないだろうか。

Writer .Yosuke


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company