閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

18
Apr.2016
REPORT

AVID Connect – AVID NEXIS詳細 : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

今年のAVID Connectでの最大の発表となる次世代型共有ストレージAVID NEXISが昨日のレポートから更に判明した情報をお届けします!!まず注目のラインナップですが、これまでのISIS 5500のレンジが2U 10driveのAVID | NEXIS E2、そしてISIS 7500のレンジが4U 20driveのAVID | NEXIS E4になるということ。

価格と販売時期ですが、従来の製品とほぼ同等載せていを予定しているということ。正式な価格の発表は今週中には行われるということです。こちらは続報をお待ち下さい。また、発売時期は2016/5/19を予定しているということです。

更に、ISIS1000は製品名が変わりAVID NEXIS | Proへと製品名が変更されるということです。ラインナップは大規模なシステムのためのAvid NEXIS | System Director Appliance(SDA)が用意されます。

システムの構成は、電源の搭載された筐体と、Media Packを組み合わせて構成するということ。Media Packは10本のMedia Drive(HDD)とVirtual Strage Managerのセットということ、提供されるのは20TBと60TBの2種類。速度は400MB/sになります。ドライブ数はISIS5500から減りますが、速度面では向上することになります。
AVID | NEXIS E2はMedia Packが1set搭載可能、AVID | NEXIS E4は2set搭載できるということになります。なのでAVID | NEXIS E4のBandweidthは800MB/sということになります。

nab show 2016 RockoN ショーレポートNEXIS

バックパネルを見ていただければおわかりかと思いますが、ISIS 1000と同じ形状の筐体を利用しています。電源は左右に搭載され2重化されています。中央のCPU部分はModule構造となっており、上下に実装することでCPUの2重化も可能とのこと。もちろんSystem Driveも
SSDで2台がミラーリング設定で搭載されこちらも2重化、システムの完全なredundancyを実現しています。全てのコンポーネントがModule化されているため、不具合発生時の交換もHot Swapにより容易に行えるということです(System Drive以外)。AVID | NEXIS E4は更に最大2台のHot Swap Driveの設定も可能。かなりの冗長性をもった設計となっていることがわかります。

NEXIS File SystemはISIS File Systemを引き継ぐということなので新規開発のものではありません。クライアントドライバーはAVID NEXIS 6.x Common Cliantが登場する予定。このドライバーはISISシリーズとの互換性を持ち、同時使用をサポートするということです。正、ISISの領域拡張というわけではなく、同時にそれぞれがマウント可能だということ。

次にAVID NEXISの拡張性に関して、AVID NEXIS | FS(File System)は3段階の拡張性を持ちます。エントリーレベルがAVID NEXIS | FS Foundation、Max4Media Pack、max 40Cliant、max capacity 240TB、max bandwidth 1600MB/s。ミドルレベルがAVID NEXIS | FS Extended、Max12Media Pack、max 165Cliant、max capacity 720TB、max bandwidth 4800MB/s。最上位がAVID NEXIS | FS Advanced、Max24Media Pack、max 330Cliant、max capacity 1440TB、max bandwidth 9600MB/s。
ExtendedとAdvancedに関してはAvid NEXIS | System Director Appliance(SDA)の追加が必須となります。

Network周りに関しての詳細は発表がなされませんでした。General Sessionでは40GbE対応と口頭ベースでアナウンスされていました。AVID | NEXIS E4の800MB/sのバックボーンとして考えれば40GbE搭載は必須なのでオプション設定かもしれませんが、ここは間違いないかと思われます。

Avid NEXIS 日本語Webページ>>

Writer Yosuke


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company