閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

18
Apr.2016
REPORT

AVID Connect – AVID NEXIS詳細 : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

今年のAVID Connectでの最大の発表となる次世代型共有ストレージAVID NEXISが昨日のレポートから更に判明した情報をお届けします!!まず注目のラインナップですが、これまでのISIS 5500のレンジが2U 10driveのAVID | NEXIS E2、そしてISIS 7500のレンジが4U 20driveのAVID | NEXIS E4になるということ。

価格と販売時期ですが、従来の製品とほぼ同等載せていを予定しているということ。正式な価格の発表は今週中には行われるということです。こちらは続報をお待ち下さい。また、発売時期は2016/5/19を予定しているということです。

更に、ISIS1000は製品名が変わりAVID NEXIS | Proへと製品名が変更されるということです。ラインナップは大規模なシステムのためのAvid NEXIS | System Director Appliance(SDA)が用意されます。

システムの構成は、電源の搭載された筐体と、Media Packを組み合わせて構成するということ。Media Packは10本のMedia Drive(HDD)とVirtual Strage Managerのセットということ、提供されるのは20TBと60TBの2種類。速度は400MB/sになります。ドライブ数はISIS5500から減りますが、速度面では向上することになります。
AVID | NEXIS E2はMedia Packが1set搭載可能、AVID | NEXIS E4は2set搭載できるということになります。なのでAVID | NEXIS E4のBandweidthは800MB/sということになります。

nab show 2016 RockoN ショーレポートNEXIS

バックパネルを見ていただければおわかりかと思いますが、ISIS 1000と同じ形状の筐体を利用しています。電源は左右に搭載され2重化されています。中央のCPU部分はModule構造となっており、上下に実装することでCPUの2重化も可能とのこと。もちろんSystem Driveも
SSDで2台がミラーリング設定で搭載されこちらも2重化、システムの完全なredundancyを実現しています。全てのコンポーネントがModule化されているため、不具合発生時の交換もHot Swapにより容易に行えるということです(System Drive以外)。AVID | NEXIS E4は更に最大2台のHot Swap Driveの設定も可能。かなりの冗長性をもった設計となっていることがわかります。

NEXIS File SystemはISIS File Systemを引き継ぐということなので新規開発のものではありません。クライアントドライバーはAVID NEXIS 6.x Common Cliantが登場する予定。このドライバーはISISシリーズとの互換性を持ち、同時使用をサポートするということです。正、ISISの領域拡張というわけではなく、同時にそれぞれがマウント可能だということ。

次にAVID NEXISの拡張性に関して、AVID NEXIS | FS(File System)は3段階の拡張性を持ちます。エントリーレベルがAVID NEXIS | FS Foundation、Max4Media Pack、max 40Cliant、max capacity 240TB、max bandwidth 1600MB/s。ミドルレベルがAVID NEXIS | FS Extended、Max12Media Pack、max 165Cliant、max capacity 720TB、max bandwidth 4800MB/s。最上位がAVID NEXIS | FS Advanced、Max24Media Pack、max 330Cliant、max capacity 1440TB、max bandwidth 9600MB/s。
ExtendedとAdvancedに関してはAvid NEXIS | System Director Appliance(SDA)の追加が必須となります。

Network周りに関しての詳細は発表がなされませんでした。General Sessionでは40GbE対応と口頭ベースでアナウンスされていました。AVID | NEXIS E4の800MB/sのバックボーンとして考えれば40GbE搭載は必須なのでオプション設定かもしれませんが、ここは間違いないかと思われます。

Avid NEXIS 日本語Webページ>>

Writer Yosuke


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company