閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

18
Apr.2016
REPORT

AVID Connect Will Files : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

InterBEEでのセッションが記憶にあたらしい、「Starwars Episode7」のサウンドデザイナーWill Files氏によるセッションがAVID Connect 2016で行われました。

InterBEE 2015 レポート記事はこちら>>

やはり注目のこの作品、司会者が「Starwars Episode7を見ていない人!」と質問をしたところ、手が上がったのは2〜3名、常にサウンドデザインの進化とともにあるこの作品に対する注目の高さを感じさせます。

セッションのタイトルは”BUSINESS OF MEDIA | Advanced Mixing Workflows in Audio Post”サウンドへのアプローチの方法、そしてSpecial High Level Secureなコンテンツの制作のために監督の持つポストプロダクション、Bad Robotに機材を持ち込んでの作業。(素材の持ち出しが現順に管理されているため)実際のフローが語られました。

InterBEEでご覧になった方も多いかと思いますが、トレーラーが完成形として流されると会場からは拍手の嵐!!Q&Aでこのトレーラーのミキシングにかかった日数が尋ねられましたが、なんと2日。これだけの複雑なミキシングをたったの2日は驚きです。しかし、その素材の収取(Skywalkerに保管されているアーカイブからのデジタイズなど)、プリダブなどは2ヶ月ほどかかってじっくりと行われているということ。Final Cutが上がってから、2日というのが実際のところです。

今回のトレーラーを見た方はお気づきかもしれませんが、このようなアクション作品としては異例なほどに音圧が低い仕上がり。それに対しての質問を受けると、デモ要所要所のきっかけにはしっかりとサウンドインパクトが感じられるように意識をしている。ダイナミックレンジを大きく取ることによってより、インパクトの有る作りになるように意識をしたということ。単純に音を重ねるのではなく、音楽の一部を使ってFxとMxが一体となるように意識を払ったということです。

また、効果音にリズムをもたせるということにも意識を割いている。実際に音楽をMUTEして聞かせてもらったのですが、効果音がグルーブをもって聞こえてきていました。これは 編集にもコメントをして修正を重ねながら仕上げていった結果。音楽にも造詣の深いWill氏ならではのミキシングだと感じる一幕だ。

Writer. Yosuke


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company