閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

20
Apr.2016
REPORT

AVID private preview : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2016 RockoN AVID


皆様もおなじみなってきているかと思います、AVID JAPANのDaniel氏はNAB 2016のAVID Audio Workflow ブースでプライベートデモの担当をされています。そんな忙しいDaniel氏に時間を取ってもらい、S6の次期バージョンV2.2のプレビューを行なってもらいました。

NAB2016 RockoN AVID


幾つか新機能がある中でこれは!! と思ったのが、センターセクションのSoftkeyをワンボタンで切り替えるFunction。Shiftを押しながらAutomation Moduleの10キーを押すことで下記の画像のように、Autometion Mode、Layout Mode、Moitor Modeなどに切り変わります。

NAB2016 RockoN AVID



NAB2016 RockoN AVID


NAB2016 RockoN AVID


特にmonitor Modeは、これまでタッチスクリーンでしか操作できなかったのがSoftkeyでも可能となり、ミキシングのFunctionをTouch Screenにそのままにできるので使い勝手がよくなると思います。あわせてGUIが改善され、セレクトされたボタンのON/OFFが一目でわかるようにICONのバックグラウンドが塗りつぶされているのが分かりますね。ちょっとした更新ですが、ユーザーの要望を汲みとった細かいブラッシュアップが多く含まれていることが分かります。

他にも、フェーダーの簡易Lock機能、フェーダー単位でのDisplay Moduleの表示切替、SoftkeyへのEuConコマンドのマクロ(これまではKeyboradコマンドしかマクロは出来ませんでした)、Joystick ModuleアサインのLayout登録など、多くの改善が含まれているということ。進化するコンソールS6は今後もアップデート情報から目が離せませんね。

NAB2016 RockoN AVID


そして、そろそろ登場となるPost Modue。system5ではPadle Moduleと呼ばれていた製品です。こちらはトラックをアサインしてInput / RecのON/OFFを行う製品。Film Dubbingの際のステムレコーダーのコントローラーがこの製品の源流です。S6は複数のDAWを同時に制御できるため、PlayoutのPro Toolsをフェーダーで操作しながら、Stem RecorderのPro Toolsに対してのRec ON/OFFを行うというのがこのモジュールの使い方になると思います。各パドルへのアサインはLayout Modeで行うようになるそうです。モジュール単体でも簡易的にGroupが組めたりと使い勝手にこだわった仕様となっています。

NAB2016 RockoN AVID


NAB2016 RockoN AVID


NAB2016 RockoN AVID


更にDAD AX32との連携強化がアピールされました。AX32はEuCon対応のAudio Interface兼Monitor Controlerとして使える非常に多彩な機器。EuConに対応しているということでDADのコントロールアプリであるDAD manのフェーダーがS6からコントロール可能。DADのモニターセクションはもちろん、S6のモニターコントロールとしてリモート出来ます。DADはMic Preも搭載できるので、そのコントロールも。現状ではEuCon Network上の外部のPCでDAD manを起動しておく必要がありますが、将来的にはS6のMTMにDAD manをインストールできるようにする計画もあるということ。連携の強化が一気に進むDADとS6、その進化から目が離せません。

NAB2016 RockoN AVID



そしてこちらが最新のiOS app “Pro Tools | Control”の画面。各FunctionにGUIが付けられ視認性が向上しているのが分かります。Pro Tools | Dockの登場に向けてブラッシュアップが予定されているのが分かりますね。

Writer. Yosuke
AVID >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company