閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

19
Apr.2016
REPORT

Avid S6 : NAB2016_


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

今年のAvid S6コーナーでは昨年華々しくデビューしたSurround Pannerを使用したDolby Atmosのデモンストレーションが行われていました。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6
今年もDolby Atmosに対応したコンテンツ。今年2月に国内発売されたJBL LSR708iで揃えられたスピーカーツリーもDolby Atmos 9.1に対応したセッティングとなっていました。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

MADI HD が接続された2システムと、DAD AX32をオーディオインターフェイスとしたシステムがSatellite LinkかつEuConでS6へ接続。音声系統もMADIそれぞれがDAD AX32へと接続されステムレコーダーのように接続されています。昨年発表されたDAD Pro | Monモニター・コントロールに対応したことで、物理的な接点が減らせますので、よりシステムが簡潔にロスの少ないピュアなサウンドがモニター可能になります。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

DAD AX32からDolby RMUへと接続されています。S6 Surround Pannerの特徴的な機能であるPlug-Insコントロールを応用してDolby Surround Panner Plug-Ins をコントロールしているので、あたかもPro ToolsがDolby Atmosにネイティブ対応したかのように操作できます。もちろん、Plug-Insコントロールなので、他のプラグインをコントロールすることも可能です。EQにアサインしてFilterのようにコントロールしてもいいですし、Waves 360 ImagerやAnyMixのように、プラグインのPannerをコントロールしてもいいでしょう。
今回のようなディスプレイ配置にすることで、Pro Toolsでも簡単にDolby Atmosの編集効率は上がると思います。実際、Dolby Surround Panner Plug-InsのためにS6 Surround Pannerからプラグインをコントロール可能にしたのではないか?と思うくらい、操作性があがることでしょう。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6こちらは、S6に実装されたSurround PannerとRMUのコントロール画面。この配置は絶妙です。

AX32やDA32など、Pro Tools HDでDanteを変換なしで直接コントロールができるのは、今の所DADのみと言えます。Dante Spoken Hereのサインも頷けます。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

IOがマウントされているラックとは別のラックですが、Kyla Renのフィギュアが可愛いこちらのラックにはMacProがマウントされていました。クオリティの高さと抜群の安定感で定評を得ているihseのKVMシステムの他に、JBLとの組み合わせで最高の性能を発揮するDCiシリーズの8chモデルが2台使用されていました。この組み合わせは切っても切り離せないですね。

Writer. Akao

Avid >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company