閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

19
Apr.2016
REPORT

Avid S6 : NAB2016_


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

今年のAvid S6コーナーでは昨年華々しくデビューしたSurround Pannerを使用したDolby Atmosのデモンストレーションが行われていました。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6
今年もDolby Atmosに対応したコンテンツ。今年2月に国内発売されたJBL LSR708iで揃えられたスピーカーツリーもDolby Atmos 9.1に対応したセッティングとなっていました。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

MADI HD が接続された2システムと、DAD AX32をオーディオインターフェイスとしたシステムがSatellite LinkかつEuConでS6へ接続。音声系統もMADIそれぞれがDAD AX32へと接続されステムレコーダーのように接続されています。昨年発表されたDAD Pro | Monモニター・コントロールに対応したことで、物理的な接点が減らせますので、よりシステムが簡潔にロスの少ないピュアなサウンドがモニター可能になります。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

DAD AX32からDolby RMUへと接続されています。S6 Surround Pannerの特徴的な機能であるPlug-Insコントロールを応用してDolby Surround Panner Plug-Ins をコントロールしているので、あたかもPro ToolsがDolby Atmosにネイティブ対応したかのように操作できます。もちろん、Plug-Insコントロールなので、他のプラグインをコントロールすることも可能です。EQにアサインしてFilterのようにコントロールしてもいいですし、Waves 360 ImagerやAnyMixのように、プラグインのPannerをコントロールしてもいいでしょう。
今回のようなディスプレイ配置にすることで、Pro Toolsでも簡単にDolby Atmosの編集効率は上がると思います。実際、Dolby Surround Panner Plug-InsのためにS6 Surround Pannerからプラグインをコントロール可能にしたのではないか?と思うくらい、操作性があがることでしょう。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6こちらは、S6に実装されたSurround PannerとRMUのコントロール画面。この配置は絶妙です。

AX32やDA32など、Pro Tools HDでDanteを変換なしで直接コントロールができるのは、今の所DADのみと言えます。Dante Spoken Hereのサインも頷けます。

nab show 2016 RockoN ショーレポート Avid S6

IOがマウントされているラックとは別のラックですが、Kyla Renのフィギュアが可愛いこちらのラックにはMacProがマウントされていました。クオリティの高さと抜群の安定感で定評を得ているihseのKVMシステムの他に、JBLとの組み合わせで最高の性能を発揮するDCiシリーズの8chモデルが2台使用されていました。この組み合わせは切っても切り離せないですね。

Writer. Akao

Avid >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年4月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company