閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

23
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016 2Day:Nord Keyboards

NAMM2016_Nord3

キーボードのほかにスタンドまでもが赤色で目を引くNAMM 2016 Claviaブース。私は今でもNord Electro 2を高校一年生の時に買い、サウンドクオリティに感動したことを憶えています。

今回のNAMMでは88鍵盤のキーボード音色・サンプル音色の仕様に限ったプロフェッショナル・パフォーマンスキーボードモデル「Nord Piano 3」が新登場しました。極上クオリティのどこがさらに引き上げられたのでしょうか。

NAMM2016_Nord4

「今回はピアノとしての生々しい感触」そのものを本物にできるだけ近づけていく。というのがNordの追求した点。VIRTUAL HAMMER ACTION TECHNOLOGYというNordにしかないオリジナルな技術を採用しています。

鍵盤のキーベット部分に3つのセンサーを設けており、これが撥弦時ので音を見事に再現。本物のグランドピアノのハンマーアクションにかなり近いレスポンスがNord Piano3には搭載されています。トリガーのレンジも拡張されました。
また本物の押し心地を追求するために、アイボリー鍵盤タッチのフィーリングを採用。重量感のあるキータッチは、よりNord Pianoを一つの「ピアノ」として君臨させる大きな要素となっています。私もキータッチの感触を試してきました。これまでもかなりの弾き心地の良さがあったものの、キータッチの重みや演奏中の細かいディテールの再現力が向上したように感じます。ローズより重厚感のある弾き心地がリッチな気持ちにさせてくれます。

もちろんサウンドは変わらずのクオリティ。以前のVer.2の機能や仕様はもちろん踏襲しており非の打ち所が無いようにも感じました。是非、制作での使用はもちろん是非ライブのマスターキーボードとしても使って欲しい。そんな逸品だと感じました。

価格や発売時期はまだ未定ということですが、これから発売が楽しみでなりません!。音源の素晴らしさはもちろんですが、鍵盤のタッチをさらにもう一段階アップグレードさせたNord Piano 3はこれからのキーボードタッチの新標準を牽引するのではないでしょうか。

取材時は盲目の天才と謳われる若手ピアニストのRachel Flowers氏が素敵なデモ演奏を行っていました。

Writer:Togashi

Clavia

NAMM2016_Nord

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company