閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

23
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016 2Day:Nord Keyboards

NAMM2016_Nord3

キーボードのほかにスタンドまでもが赤色で目を引くNAMM 2016 Claviaブース。私は今でもNord Electro 2を高校一年生の時に買い、サウンドクオリティに感動したことを憶えています。

今回のNAMMでは88鍵盤のキーボード音色・サンプル音色の仕様に限ったプロフェッショナル・パフォーマンスキーボードモデル「Nord Piano 3」が新登場しました。極上クオリティのどこがさらに引き上げられたのでしょうか。

NAMM2016_Nord4

「今回はピアノとしての生々しい感触」そのものを本物にできるだけ近づけていく。というのがNordの追求した点。VIRTUAL HAMMER ACTION TECHNOLOGYというNordにしかないオリジナルな技術を採用しています。

鍵盤のキーベット部分に3つのセンサーを設けており、これが撥弦時ので音を見事に再現。本物のグランドピアノのハンマーアクションにかなり近いレスポンスがNord Piano3には搭載されています。トリガーのレンジも拡張されました。
また本物の押し心地を追求するために、アイボリー鍵盤タッチのフィーリングを採用。重量感のあるキータッチは、よりNord Pianoを一つの「ピアノ」として君臨させる大きな要素となっています。私もキータッチの感触を試してきました。これまでもかなりの弾き心地の良さがあったものの、キータッチの重みや演奏中の細かいディテールの再現力が向上したように感じます。ローズより重厚感のある弾き心地がリッチな気持ちにさせてくれます。

もちろんサウンドは変わらずのクオリティ。以前のVer.2の機能や仕様はもちろん踏襲しており非の打ち所が無いようにも感じました。是非、制作での使用はもちろん是非ライブのマスターキーボードとしても使って欲しい。そんな逸品だと感じました。

価格や発売時期はまだ未定ということですが、これから発売が楽しみでなりません!。音源の素晴らしさはもちろんですが、鍵盤のタッチをさらにもう一段階アップグレードさせたNord Piano 3はこれからのキーボードタッチの新標準を牽引するのではないでしょうか。

取材時は盲目の天才と謳われる若手ピアニストのRachel Flowers氏が素敵なデモ演奏を行っていました。

Writer:Togashi

Clavia

NAMM2016_Nord

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年1月23日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company