閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

01
Apr.2019
REPORT

Synthplex2019 Day3:Gamechanger Audio & Erica Synth

こちらも2つのメーカーのコラボ製品です。Erica Synthの新しいモジュール、Plasma Drive。

https://www.ericasynths.lv/news/plasma-drive/

このビカビカは見覚えある人も多いと思います。そうです、昨年Game Changer AudioがリリースしたPlasma Pedalとのコラボですね。

https://www.gamechangeraudio.com/plasma/

Erica SynthとGame Changerは何繋がりかというと両方とも本拠地がラトビアなんですね。

ロジカルな部分は置いといてサウンド的にはPlasma Drive同様第一印象はFuzzサウンドに近いです。
Oct Upの切り替えは奇数倍音へのアプローチを変化させるためのスイッチでよりハイが出ている印象になります。
エレキギターに於けるFuzzもそうですが、歪ませすぎると音が引っ込んでしまう欠点があるんですよね。
Plasma Driveはそこが一般的なFuzzとは違っていて歪ませていっても押し出しが(transient)上手く残るように味付けされているように感じました。
もちろんCVで外部から各パラメーターを変化させられるので、シーケンサーに同期させた急激なパラメーターの変化も可能となっています。既にリリース済みで330ユーロです。

04_Erica-Synth-Plasma-Drive

そして左隣に写っているBASSLINEというVCOモジュールは同社のベースマシン、ACIDBOXにインスパイアされたフィルターを搭載。
これが非常に個性的なサウンドでTB-303タイプとは全く違い、なんとソ連で80年代に作られた激レアシンセPolivoksのフィルターをエミュレートしたVCFなんです。
独特な発振サウンドは病みつきになります。BASSLINEはLP/BP切り替え可能で、VCOには三種類のウェーブフォームが搭載され、TECHNO SYSTEMのシンセサウンドを司ります。
ちなみに現在Polivoksは小型化されて100台限定でリイシューされています。

erica2

また、Erica SynthはそのBASSLINEもインストールされている究極のドラムモジュールシステム、その名も「TECHNO SYSTEM」をリリースしたばかり。
TR-909のステップボタンを思わせる高機能シーケンサーDRUM SEQUENCERは精悍なブラックバージョンを搭載。
トリガーやアクセントは内部でパッチングされているため、プレイヤーはオーディオシグナルのパッチングに専念できますね。荒々しい90年代テクノを彷彿とさせるサウンドに心が躍ります。
発売されたばかりのSAMPLE DRUMもあるので幅広いプレイが出来るでしょう。

Erica-Techno-System

こちらはErica Synthの人気VCOモジュールGraphic VCO。強力なWAVETABLEデザイン機能を持ち二つのWAVETABLEをモーフィング可能です。

02_Erica-Synth-Plasma-Drive

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company