閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

01
Apr.2019
REPORT

Synthplex2019 Day3:Gamechanger Audio & Erica Synth

こちらも2つのメーカーのコラボ製品です。Erica Synthの新しいモジュール、Plasma Drive。

https://www.ericasynths.lv/news/plasma-drive/

このビカビカは見覚えある人も多いと思います。そうです、昨年Game Changer AudioがリリースしたPlasma Pedalとのコラボですね。

https://www.gamechangeraudio.com/plasma/

Erica SynthとGame Changerは何繋がりかというと両方とも本拠地がラトビアなんですね。

ロジカルな部分は置いといてサウンド的にはPlasma Drive同様第一印象はFuzzサウンドに近いです。
Oct Upの切り替えは奇数倍音へのアプローチを変化させるためのスイッチでよりハイが出ている印象になります。
エレキギターに於けるFuzzもそうですが、歪ませすぎると音が引っ込んでしまう欠点があるんですよね。
Plasma Driveはそこが一般的なFuzzとは違っていて歪ませていっても押し出しが(transient)上手く残るように味付けされているように感じました。
もちろんCVで外部から各パラメーターを変化させられるので、シーケンサーに同期させた急激なパラメーターの変化も可能となっています。既にリリース済みで330ユーロです。

04_Erica-Synth-Plasma-Drive

そして左隣に写っているBASSLINEというVCOモジュールは同社のベースマシン、ACIDBOXにインスパイアされたフィルターを搭載。
これが非常に個性的なサウンドでTB-303タイプとは全く違い、なんとソ連で80年代に作られた激レアシンセPolivoksのフィルターをエミュレートしたVCFなんです。
独特な発振サウンドは病みつきになります。BASSLINEはLP/BP切り替え可能で、VCOには三種類のウェーブフォームが搭載され、TECHNO SYSTEMのシンセサウンドを司ります。
ちなみに現在Polivoksは小型化されて100台限定でリイシューされています。

erica2

また、Erica SynthはそのBASSLINEもインストールされている究極のドラムモジュールシステム、その名も「TECHNO SYSTEM」をリリースしたばかり。
TR-909のステップボタンを思わせる高機能シーケンサーDRUM SEQUENCERは精悍なブラックバージョンを搭載。
トリガーやアクセントは内部でパッチングされているため、プレイヤーはオーディオシグナルのパッチングに専念できますね。荒々しい90年代テクノを彷彿とさせるサウンドに心が躍ります。
発売されたばかりのSAMPLE DRUMもあるので幅広いプレイが出来るでしょう。

Erica-Techno-System

こちらはErica Synthの人気VCOモジュールGraphic VCO。強力なWAVETABLEデザイン機能を持ち二つのWAVETABLEをモーフィング可能です。

02_Erica-Synth-Plasma-Drive

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company