閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

15
Apr.2016
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • GB LabsのSpace SSDがDigital Film Technology のフィルムスキャナー Scanity HDR に対応 : NAB2016

GB LabsのSpace SSDがDigital Film Technology のフィルムスキャナー Scanity HDR に対応 : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB Rock oN ショーレポート GB Labs


DFT(Digital Film Technology)とGB Labsとの密接な協力により、SANを用いたソリューションに替わるソリューションとして、NAS を初めて採用した Scanity HDR に対応するソリューションが利用できるようになりました。

2Kや4K DPX といった現在主流のファイルフォーマットでフィルムスキャンを行っている最中は、メディアストレージの速度を一定に保つ必要があります。フレームの破損やドロップを起こさず確実にファイルをインジェストするためには、安定した高い性能が求められます。大抵の場合、伝統的な SAN を用いたソリューションが最適なストレージとして選ばれてきました。しかし今回、GB Labs の新しいシステムが登場したことで、ソリューションの選択肢が増えました。つまり伝統的な SAN を選ぶか、最新の NAS を選ぶかです。伝統的に DFT は、彼らの製品である Scanity HDR の巨大なデータストリームを扱うのに必要とされる唯一の選択肢として、SAN を用いたソリューションを勧めていました。

一方でGB Labsの新しいNASソリューションは、インストール、設定、運用を簡単にします。このソリューションは非常に高速で、高価なソフトウェアライセンスの必要なしにサードパーティ製のアプリケーションと一緒に動作させられます。

GB Labs のメディアストレージNASシリーズSpaceは、メディア産業で起こったストレージ革命の15年間を代表する製品です。Space は他製品が失敗していた場面でも、ストレージ革命の境界線を押し広げてきたことで有名です。Spaceは世界中のクリエイティブなワークフローに活力を与え、GB Labsはメディアとエンターテイメントの分野でよく知られた複数の企業に対してもソリューションを提供してきました。

DFTのScanity HDRはスキャンをしながら16bitの4K TIFFもしくは DPX で大容量のファイルを出力します。広範囲のテストの結果、GB LabsのSpaceSSDを使用したソリューションは Scanity HDRにとって最適な組み合わせで、最大 9,000MB/sの速度性能は Scanity HDRを動作させるのに申し分のない性能であることが分かりました。更に、もし追加の容量や高い性能が必要とされるプロジェクトの場合には、このシステムにGB LabsのHyperSpaceを追加することで、素早く簡単に容量を拡張し性能の強化が可能です。Space SSDはコンパクトなのでScanity HDRのケースに組み込めます。また、必要な場合には DFT からターンキーソリューションとしてご購入いただけます。

NAB Rock oN ショーレポート GB Labs


GB Labs >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company