閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

20
Apr.2016
REPORT

G&D : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2016 RockoN G&D

NAB 2016のNorth hallは、昨年までの副調整室関連の機器一色の様相からかなりの変化を見せ、ラジオ関連のオーディオメーカー、そしてVR関連が展開されるなど、かなり趣を変えています。そんな中でハイエンドKVMとして評価の高いG&Dを見つけたのでレポートしたいと思います。今年の目玉は、なんと非圧縮4K60Pを実現したKVMシステム!!

NAB2016 RockoN G&D

こちらのDP1.2-VisionXG-FiberはPCのポート全てが送れるのではないかという充実の仕様。DP PortはUHD 4K60Hzに対応、FullSpeed USB2.0とKVM用のUSB,そして2本のGigaEther、AnalogAudioにSerialを備えます。伝送路は2対のFiberとなります。他のメーカーのKVMシステムは4K対応のために圧縮技術を使う物がほとんどですが、こちらのシステムは非圧縮の伝送を行うということ。
NAB2016 RockoN G&D


次に紹介してもらったのがDisplay PostのSplitter、シンプルに1in-2outのSpritterなのですが、Digital AudioのOutが付いているのが気が利いています。こちらのSpritterも4K60Hzに対応!!何気なく置いてあるとスルーしてしまいそうな製品ですが、4Kのシステムアップには欠かせない1製品。
NAB2016 RockoN G&D


NAB2016 RockoN G&D



次にKVM Matrixシステムを見せてもらいました。G&DのKVM Matrixは切替の速さが特徴。同じ解像度の信号であればフラッシュすること無く一瞬で切り替わります。見失いがちなMouseも画面が切り替わった瞬間にその動作を再開します。更に、複数のPCの画面を セレクトしていてもPCをまたいでのMouse Overが出来ます。KVMでどんどん、接続PCを切り替えても普通にMouse Overが出来るという美点を持ちます。今後、制作システムは多くのPCを制御した形へと変貌をしてゆくでしょう。そんな時にこのようなKVMが活用されるようになると思います。
NAB2016 RockoN G&D



Writer. Yosuke
G&D >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company