閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

24
Jan.2016
REPORT

GTC Sound Innovations

revpad at NAMM 2016

これは面白い! タッチセンサーを備えたワイヤレスコントローラー『REVPAD』登場!
百聞は一見にしかずということでまずは早速デモ動画をご覧ください!

いかがでしょうか。ギター本体に取り付けるコントローラー部はタッチセンサーと3つのマルチファンクションボタン、バッテリーインジケーターを備えています。このタッチセンサーPADにタップ/スライドといった動作をすることでコントロール信号を送信します。
ベースユニット自体がオーディオ入出力に加え、多数の内蔵FX、外部FXのためのオーディオSend/Return、MIDI入出力とUSB端子を備えており、ギタリストは手元から本体FXはもちろん、動画のように外部エフェクトやUSB接続したPC上のプラグインまでコントロールが可能です。
USB充電池式のコントロールユニットはワイヤレスには必須のスリープモードを備えているのも気が利いてますね。(USBでベースユニットと接続が可能) 今後のファームウェアアップデートでさらにベースユニットとの連携機能も追加されるようですので期待大です!
ちなみにこのREVPAD、WAVESなどと同じくイスラエル発のブランドなんですね。高い技術力にも納得です。

GTC Sound Innovations

Writer . Takemoto

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company