閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

23
Jan.2016
REPORT

HEDD Audio

Namm2016_1Day_B_74

2015年10月に創業した新しいモニタースピーカーメーカーHEDD AUDIO。ADAMの創業者が立ち上げた会社ということで注目が集まっています。1980年代からリボンツイーターの魅力を伝えるための製品開発を続けてきたKlaus Heinz氏。本人に直接のインタビューを行うことが出来ました!

Namm2016_1Day_B_76

ADAMの創業者、そしてリボンツイーターの伝道師であるKlaus Heinz氏。新しく立ち上げたHEDD AUDIOでもリボンツイータを採用した製品を発表しています。HEDD Air Motion Transformerという名が与えられたツイーターがその最大の特徴。実際の製品のリリースは3月頃を予定しているということ。

Namm2016_1Day_B_85

ラインナップは3機種、右から一番コンパクトな5-inch WooferのType-05、中央が7-inch WooferのType-07、左がダブル7-inch Wooferの3WayモデルType-30。Type-30は30Hz~50kHzという広い再生帯域を持つフラッグシップとなります。

Namm2016_1Day_B_91

また、オプションでAoIPにも対応!!オプションカードは$250程度で提供されるということです。HEDD Bridgeと呼ばれるオプションが5種類発表されています。普及しているDante,Ravennaへの対応はもちろんですが、通常のAES3、USBそして、Wireless LANがランナップされています。このHEDD Bridgeが登場すれば、スピーカーまでがEthernetで接続されることになりますね。

HEDDのシステムは、ステレオの場合には片方のスピーカーにAoIPのオプションカードをインストールして、もう一本のスピーカーへはアナログで接続することになるとのこと。サラウンド、Dolby Atmos,Auro 3Dなど多チャンネルのセッティングではそれぞれにAoIPオプションをインストールし、PCから一括での制御を実現するということを目指しているとのこと、Audio とコントロールが1本の回線で実現することとなり、シンプルなセッティングが可能となります。実現が非常に楽しみなテクノロジーですね。
Namm2016_1Day_B_88更にAoIPということでWireless(無線LAN)がラインアップされています。興味深いテクノロジーとして開発を進めているということです。無線LANでのAoIPが実現すればまさに次世代のシステムとなることでしょう。新しいメーカーならではの勢いある開発力で是非とも早期に実現してもらいたいですね!!

ADAMが業界のスタンダードとしての地位を築いたリボンツイーター。EVE Audioに続きHEDD Audioの誕生と選択肢が増えたのは、ユーザーにとっては嬉しいニュースです。HEDD Audioがどのようなサウンドを聞かせてくれるのか。登場が楽しみですね!!!

HEDD Audio

Writer . Yosuke

 

Namm2016_1Day_B_89Namm2016_1Day_B_90

Namm2016_1Day_B_79

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company