閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

23
Jan.2016
REPORT

HEDD Audio

Namm2016_1Day_B_74

2015年10月に創業した新しいモニタースピーカーメーカーHEDD AUDIO。ADAMの創業者が立ち上げた会社ということで注目が集まっています。1980年代からリボンツイーターの魅力を伝えるための製品開発を続けてきたKlaus Heinz氏。本人に直接のインタビューを行うことが出来ました!

Namm2016_1Day_B_76

ADAMの創業者、そしてリボンツイーターの伝道師であるKlaus Heinz氏。新しく立ち上げたHEDD AUDIOでもリボンツイータを採用した製品を発表しています。HEDD Air Motion Transformerという名が与えられたツイーターがその最大の特徴。実際の製品のリリースは3月頃を予定しているということ。

Namm2016_1Day_B_85

ラインナップは3機種、右から一番コンパクトな5-inch WooferのType-05、中央が7-inch WooferのType-07、左がダブル7-inch Wooferの3WayモデルType-30。Type-30は30Hz~50kHzという広い再生帯域を持つフラッグシップとなります。

Namm2016_1Day_B_91

また、オプションでAoIPにも対応!!オプションカードは$250程度で提供されるということです。HEDD Bridgeと呼ばれるオプションが5種類発表されています。普及しているDante,Ravennaへの対応はもちろんですが、通常のAES3、USBそして、Wireless LANがランナップされています。このHEDD Bridgeが登場すれば、スピーカーまでがEthernetで接続されることになりますね。

HEDDのシステムは、ステレオの場合には片方のスピーカーにAoIPのオプションカードをインストールして、もう一本のスピーカーへはアナログで接続することになるとのこと。サラウンド、Dolby Atmos,Auro 3Dなど多チャンネルのセッティングではそれぞれにAoIPオプションをインストールし、PCから一括での制御を実現するということを目指しているとのこと、Audio とコントロールが1本の回線で実現することとなり、シンプルなセッティングが可能となります。実現が非常に楽しみなテクノロジーですね。
Namm2016_1Day_B_88更にAoIPということでWireless(無線LAN)がラインアップされています。興味深いテクノロジーとして開発を進めているということです。無線LANでのAoIPが実現すればまさに次世代のシステムとなることでしょう。新しいメーカーならではの勢いある開発力で是非とも早期に実現してもらいたいですね!!

ADAMが業界のスタンダードとしての地位を築いたリボンツイーター。EVE Audioに続きHEDD Audioの誕生と選択肢が増えたのは、ユーザーにとっては嬉しいニュースです。HEDD Audioがどのようなサウンドを聞かせてくれるのか。登場が楽しみですね!!!

HEDD Audio

Writer . Yosuke

 

Namm2016_1Day_B_89Namm2016_1Day_B_90

Namm2016_1Day_B_79

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年1月23日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company