閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

15
Nov.2018
REPORT

InterBEE 2018 : SONICWIRE

常時1万点以上の製品を取り扱う総合ダウンロードストアSONICWIRE

常時1万点以上の製品を取り扱う総合ダウンロードストアSONICWIRE。

Inter BEE 2018でのいちばんのおすすめはACCUSONUS(アキソナス)のERAシリーズ。

Inter BEE 2018でのいちばんのおすすめはACCUSONUS(アキソナス)のERAシリーズ。

赤、青、黄色といったカラフルなノブを持つこれらプラグインは、1プラグインにつき1機能。ほぼワンノブ操作で直感的にノイズ除去や ダイアログの強調などを行うことができます。

Inter BEE 2018 : SONICWIRE

積極的に試聴させてもらったのは黄色いERA Voice Leveler。抑揚がありすぎて埋もれてしまうダイアログのダイナミクスを均一にし、前へ押し出します。とはいえ決して元のニュアンスは変わらず、いわゆるコンプレッサーやリミッターによる圧縮とも違う自然な処理で、元からそういうナレーションだったのでは?と勘違いしてしまうような素材作りが可能です。

このほかにもノイズ除去や部屋鳴りを取るものなどが用意されており、どれも分かりやすい操作と確実で自然な効果に驚かされました。

「こんなに簡単なら、エンジニアリングに長けていない人にもウケそうです」とスタッフさんに話しかけたところ、「そうなんです。最近はYoutuber界隈で話題になっているんですよ」と情報を教えてくれました。

ERA Voice Leveler

続いてこれ。この記事の作成現在、SONICWIREが販売契約を勧めているAudioSouceRe『DEMIX PRO』を試させてもらいました。これ完成されたステレオMIXの音源を解析し、Drum、Bass、Vocal、そのほか様々なパートに分離し、ミックスし直せるソフトウェアです。

AudioSouceRe『DEMIX PRO』

類似製品との違いはその分かりやすさでしょう。ソースを読み込むとあっという間に解析を済ませ、トラックミキサーに分離した音をアサインします。こちらも(ちょっと言い方が乱暴ですが)音響エンジニアリングに詳しくない人でも扱いやすい製品です。

DEMIX PROの解析/分離はまだ完璧ではありませんが、うまく拾いきれない音などはユーザーがノートを手入力してアシストしてあげることができます。

スタッフさんいわく「これは大きな話題となる」ということだったので、取り扱いがの開始が楽しみです。

SONICWIRE
https://sonicwire.com/strong>

Writer. IH富田

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年11月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company