閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

15
Nov.2018
REPORT

Inter BEE 2018 : Antelope Audio

2022

Antelope Audioのブースで新製品を発見!この記事を作成現在、まだWEBにも情報が出ていません!

2011

オレンジに輝く美しい筐体。その名は AMARI(アマリ)。これは豊富な入出力を持つAD/DAコンバーターです!

2010

SPECなどが公開されていませんが、前面にはBALANCEDのヘッドホンアウトが2基あります。

2024

背面を見ると

  • ANALOG IN / OUT(ステレオ)
  • AES IN / OUT
  • S/P DIF IN / OUT
  • TOSLINK IN / OUT
  • USB 3.1
  • Wordclock In *1
  • 10M In *1

と必要なものは一揃い装備されています。

2012

そしてAMARIは最大768kHzのオーディオファイルに対応します。

残念ながらこの日はサウンドを確かめることはできなかったのですが、Antelope Audioスタッフの感想として「ハイスペックだとつい固い音を連想しがちですがAMARIは違います。温かみすら感じる美しい音です」ということ。

2014

AMARIのフロントパネルはタッチパネルとなっていますがこの操作が実にうまくできていて、「どの入力を(ポチッ)」「どの出力に(ポチッ)」という2タッチでルーティングを済ませることができます。これは早いです!

AMARIが狙うユーザーは、スタジオエンジニアや最近Antelope Audioファンに多いハイエンドオーディオリスナーであるとのこと。価格やリリース時期などは未定ですが、ZODIACシリーズが廃盤になっている今、その後継機として考えられる製品ということで期待できますね。

続いてこちらも話題のEdgeモデリングマイクシリーズが本邦初披露!

2017

Edge Soloはシングルダイヤフラムで単一指向に特化。想像以上に小さく、愛着が沸きそうです。

2018

Edge Duoはこれまで「Edge」として販売されていたデュアルダイヤフラムモデル。

2019

Edge QuadroはEdge Duo同等のデュアルダイヤフラムのマイクを上下に重ね、それを任意の向きにひねってセッティングできる360度指向性マイク。M/SやX/Y、Blumleinなどの録音方法にも対応します。

Edge SoloとEdge Quadroは近日発売予定です。ライバルに負けず劣らず高い評判を得ているAntelope Audioのモデリングマイクですが、ここから先、モデリングワークフローが業界の中でどれほど浸透していくのかが楽しみです。

2021

2023

2020

Antelope Audio
https://jp.antelopeaudio.com/

Writer. IH富田

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年11月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company