閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

21
Apr.2016
REPORT

JLCooper : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2016 RockoNショーレポート JLcooper


Surround Pannerを始め、数多くのDAW向けコントローラーを発売しているJL Cooper。その範囲はDAWのみならず、Final Cutなどのオフライン編集ソフトにまで対応しています。

NAB2016 RockoNショーレポート JLcooper

FinalCut ProやSoundTrackに特化したECLIPSEシリーズを中心とした展示でした。

今回は新製品こそありませんでしたが、メインはこのSurround Pannerですね。先日のProlight+SoundにてNUENDOのDOLBY ATMOS対応が発表されたのは記憶に新しいところ。今回はNUENDOと接続し、同様にサラウンド環境でのデモンストレーションを行っていました。YAMAHAのブースではNUAGEのタッチパネルを使用してオペレートしていましたが、JL Cooperではジョイスティックの上に備えられた5本のノブを使用してハイト方向へのコントロールが可能とのことです。
こちらの商品はもともとNUENDO/Nuage向けに開発されただけあって、接続はEther 10/100 BASE-Tになります。なお、こちらの商品はNUENDOの他にCubaseにも対応します。

NAB2016 RockoNショーレポート JLcooper


NUAGE WORKSPACEへ埋め込混み可能なモデルと、スタンドアローン版のEclipse PXの2種類が用意されていますので、Nuendoユーザーは是非揃えたい商品ですね。

NAB2016 RockoNショーレポート JLcooper


Pro ToolsやLogicなど数多くのDAWで使用できるサラウンドパンナーはこちら。もちろん、NUENDO、Cubaseにも対応します。USB3.0に対応しており、USBバスパワーで動作します。3.0mあるUSBケーブルから電源供給されますし、MIDIインターフェースが要らないのもポイント。USB延長器などを使えば、MacがMachine Roomなど離れた場所でも安心して使用できますし、スイートスポットでエディットできます。ジョイスティック部分はタッチセンスに対応してますので、Automationの書き込みにはもってこいですね。

Writer. ACID Shibuya
JLCooper Electronics >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company