閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

23
Jan.2016
REPORT

MACKIE

Namm2016_2A-216

MACKIEブースではやはり初日のUpBeatにも掲載された新ミキシングシステム『AXIS』の展示が注目を集めていました!

Namm2016_2A-206AXISの核となるコントロールサーフェイス『DC16』。発売中のラック型インターフェースDL32RとDante経由で繋がるミキシングシステムの誕生です。中でもコントロールにおけるユーザビリティはAXISの大きな特徴と言えます。
高解像度のチャンネルスクリーンに加え、DC16では本体右部にViewGroupeとMix Selecter機能を備えており、1ボタンで瞬時に任意のグループトラックや、階層の深いパラメーターにダイレクトアクセスが可能。

Namm2016_2A-207Namm2016_2A-208

もともとDL32R自体がiPadからのコントロールが可能なため、AXISではサーフェイスと併用した先進のコントロールがデザインされています。最大3台のiPadを配置可能なため、異なる操作画面を出しておくことでより瞬間的なパラメータアクセスを可能にしています。(中央に置いたiPadがDC16で選択したチャンネルを専用表示)もちろん場面によってiPadを持ち出した作業にも瞬時に切り替えが可能。

Namm2016_2A-210
未定とのことですが、何よりも価格が気になりますね! 6月頃の発売とのことですが公式HPは近日発売とのことで、もう少し早い時期に手に入れられるかもしれません!

Namm2016_2A-211

そしてこちらは超コンパクトなデジタルミキサー『PRO DXシリーズ』。思えばDLとiPadから始まった外部コントロールスタイルもついにこのサイズか、と感慨深くなってしまうコンパクトサイズ。PRODX4とPRODX8の2機種がラインナップします。

本体自体の操作は各種Gainとオンオフスイッチと極めてシンプル、iOSアプリのMixerConnectでフェーダーやEQ、FXなどをコントロール。スマートフォンなどBluetoothペアリングした端末からの音声も再生が可能なのは器用に使えますね。

Namm2016_2A-213

Mackie

Writer . Takemoto

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company