閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

04
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 直前情報 : HEDD Audio


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

20170404_hedd_1090

元ADAM AUDIOの創設者、クラウス・ハインツ氏が設立したHEDD AudioがMusikmesse 2017で新製品を発表!

Type-20は280 x 358 x 338(mm)という小型の3Wayモニタースピーカー。メーカーはホームスタジオに置くことも可能だとしています。ミドルレンジの優れた再現性と余裕のある鳴りが期待できる3Wayはキャビネットが大きくなってしまうことが難点でしたが、Type-20はこれまでに無かった基軸の製品といえるでしょう。

2Q==

Type-20のキャビネットはラバーコーティングされています。7inchと4inchのはにかむサンドウィッチウーファーとメーカー公称50kHz(±4dB 20kHz)のHEDDエアモーショントランスフォーマーツイーターを搭載。ユニットごとに用意された3つのD級アンプはそれぞれ300Wと余裕のパワー。

そして本機はHEDD Audioの特徴でもあるHEDDブリッジを搭載。これはユーザーが自身で入力オプションを選べるモジュラーシステムで、別売りのモジュラー入力・カードを取り付けることにより、Dante、AES67、AES/EBU、USB、そしてなんとBluetoothワイヤレスに対応します。(モジュラー入力・カードは開発中)

価格は1850ユーロということで約21万円(ペアで42万円)。上位機種の3Way Type-30がペア¥776,000ということを考えると非常に手頃な価格といえるでしょう。

9k=

Writer. Tomita

HEDD Audio
http://www.hedd.audio/en/studio-monitors/type20/


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company