閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2018

13
Apr.2018
REPORT

Musikmesse 2018 Day 2 : RODE

オーストラリアのシドニーを本拠地とするマイクブランドRODE。Musikmesse 2018でイマーシブオーディオのためのambisonicマイク NT-SF1を発表しました!

NT-SF1

DSC05770

NT-SF1は360°ムービーなどで注目される3Dオーディオのためのオーディオフォーマットambisonicに対応したマイク。新開発の専用カプセルTF45C(1/2インチ)を4つを搭載し、ambisonic A Formatで集音。特筆すべきはマイク本体内でB Formatに変換して出力することも可能ということ!これならば収録をしながらリアルタイムモニタリングができます。これは非常に画期的です。

実はこのマイク、2015年にRODEが買収したアンンビエンスマイクの世界的リーダーSoundFieldの技術が活かされています。その経緯がありRODE公式Webサイトでは大きな文字で「SOUNDFIELD BY RODE」と書かれています。

DSC05766
DSC05769
防風グリルと専用ケーブル

NT-SF1はその価格なんと約USD$1000とお手頃。発売時期は 2018 Soon。「あと少し」というところですね。Facebook360が無償で3Dオーディオの編集ソフトを提供しているいま「あとはマイクさえあれば…」と思っていた方もぜひ注目してくださいね!
RODE NT-SF1
http://ja.rode.com/nt-sf1


Stereo VideoMic X

DSC05606

Stereo VideoMic Xはビデオカメラに直接取り付けて使う(オンカメラ)XYステレオマイクです。「Brodecast-grade」と銘打たれRODEの小型ビデオマイクの中でもプロ用の位置づけ。Stereo VideoMic XのXYマイクによる優れたステレオイメージはRODEが「高い没入型の音響空間を提供」と謳っています。

オールメタルの頑強なボディに特性マッチングされた1/2インチトゥルーコンデンサーカプセルを搭載。このカプセルはRycote製ショックマウントの上にセットされています。出力はバランス型プロフェッショナルXLR 出力。背面にスイッチが3つ設けられていて下記の機能を果たします。

3

背面スイッチ

  • High Pass Filterスイッチ(0/75/150Hz)
  • 高周波ブースト(+6dB @ XHz)
  • ゲイン(–10dBまたは+20dB)

Stereo VideoMic Xは約¥70,000前後で現在発売中です。

RODE Stereo VideoMic X
http://www.rode.com/microphones/stereovideomicx

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年4月13日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company