閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2018

13
Apr.2018
REPORT

Musikmesse 2018 Day 2 : RODE

オーストラリアのシドニーを本拠地とするマイクブランドRODE。Musikmesse 2018でイマーシブオーディオのためのambisonicマイク NT-SF1を発表しました!

NT-SF1

DSC05770

NT-SF1は360°ムービーなどで注目される3Dオーディオのためのオーディオフォーマットambisonicに対応したマイク。新開発の専用カプセルTF45C(1/2インチ)を4つを搭載し、ambisonic A Formatで集音。特筆すべきはマイク本体内でB Formatに変換して出力することも可能ということ!これならば収録をしながらリアルタイムモニタリングができます。これは非常に画期的です。

実はこのマイク、2015年にRODEが買収したアンンビエンスマイクの世界的リーダーSoundFieldの技術が活かされています。その経緯がありRODE公式Webサイトでは大きな文字で「SOUNDFIELD BY RODE」と書かれています。

DSC05766
DSC05769
防風グリルと専用ケーブル

NT-SF1はその価格なんと約USD$1000とお手頃。発売時期は 2018 Soon。「あと少し」というところですね。Facebook360が無償で3Dオーディオの編集ソフトを提供しているいま「あとはマイクさえあれば…」と思っていた方もぜひ注目してくださいね!
RODE NT-SF1
http://ja.rode.com/nt-sf1


Stereo VideoMic X

DSC05606

Stereo VideoMic Xはビデオカメラに直接取り付けて使う(オンカメラ)XYステレオマイクです。「Brodecast-grade」と銘打たれRODEの小型ビデオマイクの中でもプロ用の位置づけ。Stereo VideoMic XのXYマイクによる優れたステレオイメージはRODEが「高い没入型の音響空間を提供」と謳っています。

オールメタルの頑強なボディに特性マッチングされた1/2インチトゥルーコンデンサーカプセルを搭載。このカプセルはRycote製ショックマウントの上にセットされています。出力はバランス型プロフェッショナルXLR 出力。背面にスイッチが3つ設けられていて下記の機能を果たします。

3

背面スイッチ

  • High Pass Filterスイッチ(0/75/150Hz)
  • 高周波ブースト(+6dB @ XHz)
  • ゲイン(–10dBまたは+20dB)

Stereo VideoMic Xは約¥70,000前後で現在発売中です。

RODE Stereo VideoMic X
http://www.rode.com/microphones/stereovideomicx

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月13日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company