閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2018

12
Apr.2018
REPORT

Musikmesse 2018 Day1 : Steinberg

Musikmesse 新製品

4月24日の発売が待たれるSteinbergのUSB2.0 オーディオ MIDI I/F、UR-RTシリーズ2機種。

もうみなさんご存知かと思いますがUR-RTは、空前の大ヒットを飛ばしているオーディオI/F URシリーズの機能を踏襲した上で、D-Pre マイクプリにRupert Neve Design社のカスタムトランスを搭載した2社コラボレーション製品です。入力数の違いで2製品のラインナップ。

UR-RT2
¥41,796(税込)
4 イン x 2 アウト(2 カスタムトランス)

UR-RT4
¥69,984(税込)
6 イン x 4 アウト(4 カスタムトランス)

特徴

  • 24-bit/192 kHz 対応
  • クラス最高レベルのコンバーターが実現する高音質設計。原音を忠実に録音し、音の奥行きをも再現します。

  • Class A マイクプリアンプ D-PRE 2基
  • Yamaha の誇るマイクプリアンプ D-PRE を2基搭載。演奏者の表現力や個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままに捕えます。

  • dspMixFx™ テクノロジー
  • 内蔵DSPにより、レイテンシーフリーなモニタリングとエフェクト (REV-X、Channel Strip、Guitar Amp Classics) を実現します。

  • ループバック機能
  • UR-RTに入力しているオーディオ信号と DAW からの再生音をミックスしてコンピューターにループバック。インターネット配信などに便利な機能です。

  • iPad / iPhone 接続に対応

Musikmesse 2018

通常マイクプリでサウンドに大きな変化を与えるのはアウトプットトランスの部分。しかしUR-RTはその構造上、インプットとアウトプットの間に「ミドルステージトランス」として配置されています。

このモデルのためだけに開発されたカスタムトランスはフロントパネルにON/OFFスイッチがついていますが、基本的には「常にON」で最良のサウンドが得られるようにサウンドチューニングされています。

カスタムトランスのかすかなサチュレーションは高域の倍音を増やし、明るく存在感のあるサウンドで録音を可能にします。近いうちにRock oN店頭でみなさんもその効果を確かめることができるようになると思いますのでどうぞお楽しみに。

Writer.Tomita

Steinberg
https://japan.steinberg.net/jp/products/audio_interfaces/ur_rt/start.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES NY 2019 Rock oN ショーレポート
    音楽溢れるNYから最新情報をリアルタイムに配信! 今年もこの時期がやってまいりました!昨年に続きNYで開催されるAES Conventions。第146回を迎えるAES NY 2019の会場から、今年はフレッシュなRoc [……
    RME初の次世代ネットワーク・オーディオ「AVB」対応デバイス3製品を発売!
    Ethernet経由で映像や音楽を伝送するための規格AVBに対応した製品が登場!
    TUBE-TECHが期間限定で、特別価格販売キャンペーン開始!
    TUBE-TECHが対象製品を期間限定の特別価格で販売するキャンペーンを開始しました。 TUBE-TECHはその真空管によるサウンドで音楽制作においてデジタルが全盛となった今の時代においても、独特のニュアンスや温かみのあ [……
    最高のリファレンス・ヘッドフォンが25%オフ!Focal Clear Profe…
    Focal初のプロフェッショナル向けヘッドホンが、他社からの乗り換えで45,000円以上もの割引!
    今だけお得!Metric Halo 3d Card UpgradeがEarly …
    圧倒的サウンドクオリティ、根強いユーザー人気のMetric Haloから3d Early Access発売!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9がついに登場!
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company