閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2018

12
Apr.2018
REPORT

Musikmesse 2018 Day1 : Steinberg

Musikmesse 新製品

4月24日の発売が待たれるSteinbergのUSB2.0 オーディオ MIDI I/F、UR-RTシリーズ2機種。

もうみなさんご存知かと思いますがUR-RTは、空前の大ヒットを飛ばしているオーディオI/F URシリーズの機能を踏襲した上で、D-Pre マイクプリにRupert Neve Design社のカスタムトランスを搭載した2社コラボレーション製品です。入力数の違いで2製品のラインナップ。

UR-RT2
¥41,796(税込)
4 イン x 2 アウト(2 カスタムトランス)

UR-RT4
¥69,984(税込)
6 イン x 4 アウト(4 カスタムトランス)

特徴

  • 24-bit/192 kHz 対応
  • クラス最高レベルのコンバーターが実現する高音質設計。原音を忠実に録音し、音の奥行きをも再現します。

  • Class A マイクプリアンプ D-PRE 2基
  • Yamaha の誇るマイクプリアンプ D-PRE を2基搭載。演奏者の表現力や個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままに捕えます。

  • dspMixFx™ テクノロジー
  • 内蔵DSPにより、レイテンシーフリーなモニタリングとエフェクト (REV-X、Channel Strip、Guitar Amp Classics) を実現します。

  • ループバック機能
  • UR-RTに入力しているオーディオ信号と DAW からの再生音をミックスしてコンピューターにループバック。インターネット配信などに便利な機能です。

  • iPad / iPhone 接続に対応

Musikmesse 2018

通常マイクプリでサウンドに大きな変化を与えるのはアウトプットトランスの部分。しかしUR-RTはその構造上、インプットとアウトプットの間に「ミドルステージトランス」として配置されています。

このモデルのためだけに開発されたカスタムトランスはフロントパネルにON/OFFスイッチがついていますが、基本的には「常にON」で最良のサウンドが得られるようにサウンドチューニングされています。

カスタムトランスのかすかなサチュレーションは高域の倍音を増やし、明るく存在感のあるサウンドで録音を可能にします。近いうちにRock oN店頭でみなさんもその効果を確かめることができるようになると思いますのでどうぞお楽しみに。

Writer.Tomita

Steinberg
https://japan.steinberg.net/jp/products/audio_interfaces/ur_rt/start.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company