閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2018

12
Apr.2018
REPORT

Musikmesse 2018 Day1 : Steinberg

Musikmesse 新製品

4月24日の発売が待たれるSteinbergのUSB2.0 オーディオ MIDI I/F、UR-RTシリーズ2機種。

もうみなさんご存知かと思いますがUR-RTは、空前の大ヒットを飛ばしているオーディオI/F URシリーズの機能を踏襲した上で、D-Pre マイクプリにRupert Neve Design社のカスタムトランスを搭載した2社コラボレーション製品です。入力数の違いで2製品のラインナップ。

UR-RT2
¥41,796(税込)
4 イン x 2 アウト(2 カスタムトランス)

UR-RT4
¥69,984(税込)
6 イン x 4 アウト(4 カスタムトランス)

特徴

  • 24-bit/192 kHz 対応
  • クラス最高レベルのコンバーターが実現する高音質設計。原音を忠実に録音し、音の奥行きをも再現します。

  • Class A マイクプリアンプ D-PRE 2基
  • Yamaha の誇るマイクプリアンプ D-PRE を2基搭載。演奏者の表現力や個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままに捕えます。

  • dspMixFx™ テクノロジー
  • 内蔵DSPにより、レイテンシーフリーなモニタリングとエフェクト (REV-X、Channel Strip、Guitar Amp Classics) を実現します。

  • ループバック機能
  • UR-RTに入力しているオーディオ信号と DAW からの再生音をミックスしてコンピューターにループバック。インターネット配信などに便利な機能です。

  • iPad / iPhone 接続に対応

Musikmesse 2018

通常マイクプリでサウンドに大きな変化を与えるのはアウトプットトランスの部分。しかしUR-RTはその構造上、インプットとアウトプットの間に「ミドルステージトランス」として配置されています。

このモデルのためだけに開発されたカスタムトランスはフロントパネルにON/OFFスイッチがついていますが、基本的には「常にON」で最良のサウンドが得られるようにサウンドチューニングされています。

カスタムトランスのかすかなサチュレーションは高域の倍音を増やし、明るく存在感のあるサウンドで録音を可能にします。近いうちにRock oN店頭でみなさんもその効果を確かめることができるようになると思いますのでどうぞお楽しみに。

Writer.Tomita

Steinberg
https://japan.steinberg.net/jp/products/audio_interfaces/ur_rt/start.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company