閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

07
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day2 : Arturia


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

musikmesse1Day_afternoon_84_

稀代のスターシンセMatrixbruteの登場に沸く、Arturiaから早くも新製品が登場!そしてずっと温存されていた”あの製品”もついに生産に入った模様です!

musikmesse1Day_afternoon_153_

新製品は豊富な操作子とヴィンテージアナログシンセライブラリAnaloglabを搭載し、抜群のコストパフォーマンスを持つKeylabシリーズから出てきました!その名もKeylab Essential。

多分これ、爆発的ヒットを飛ばすでしょう。。。

まずはお馴染みArturiaのAntoine Barry氏によるプレゼンテーション動画を御覧ください!

すごいですね。特徴は大きく分けて三つです!

①DAWとの親和性を高めた非常に使い勝手の良いフィジカルコントローラーであること。
musikmesse1Day_afternoon_154_

本体右側の9つのノブと9本のフェーダーはパラメーターの調整に、そして本体左側のパッドはリズムの打ち込みに、というと普通ですがパッドには任意に設定したMIDIのマッピングの呼び出しやDAWモードとの切り替えの役割もあるので、Analoglab2をつまみやフェーダーでこねくり回しながら、パッドで瞬時にDAWコントールに切り替えて、各トラックのボリューム調整などもシームレスに行うことができます。

そして中左のDAW Command centerでトランスポートも出来るので一台あればかなり便利です。

②ANALOGLAB2とableton Live Lite、そしてUVI Grand Piano Model Dが付いてくる
スクリーンショット 2017-04-07 12.46.27

同社の有名なアナログエミュレーション技術TAEの恩恵をバッチリ受けられます。V-Collectionde培われたMODULAR V / MINI V / ARP 2600 V / CS-80 V / JUPITER-8 V / PROPHET V / OBERHEIM SEM V / WURLITZER Vから5000音色をプリセットしています。

もちろん完全互換で自動マッピング。そしてすぐにトラックメイクが始められるAbleton Live Lite、そして重厚なピアノサウンドを使えるUVI Grand Piano Model Dが付いてくるという贅沢っぷり。

③ずば抜けたコストパフォーマンス

49鍵と61鍵の2モデルがラインアップされていますが、なんとそれぞれ199ユーロと240ユーロで発売予定とのこと。代表のフレデリック氏も語っている通り、Arturiaのコンセプトの製品コンセプトの中には製品のクオリティと誰も真似できない圧倒的なプライス設定があります。まさにそれが体現されていますね。いやはや、すごい。発売は5月予定です!

そして皆さん、ついにArturia発となるオーディオインターフェース「AudioFuse」がついに生産に入ったようです。

musikmesse1Day_afternoon_156_

小さな筐体にPhono inputまで含めた多機能I/O。操作性が気になっていましたが、コントロールソフトウェアが開発されていました。かなり使い勝手は良さそうです。

musikmesse1Day_afternoon_158_
musikmesse1Day_afternoon_160_

5月の発売を目指しているとのこと。期待して待ちましょう!

Writer. Shibuya

Arturia
https://www.arturia.com/keylab-essential-61/overview

musikmesse1Day_afternoon_80_


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company