閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : HEDD Audio


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 HEDD Audio

日本でもユーザーを着実に広げているクラウスハインツ率いる新進気鋭ブランドHEDD AUDIO。事前情報通り新製品Type-20を発表!

Musikmesse2017 HEDD Audio

Type-20は280 x 358 x 338(mm)という小型の3Wayモニタースピーカー。メーカーはホームスタジオに置くことも可能だとしています。ミドルレンジの優れた再現性と余裕のある鳴りが期待できる3Wayはキャビネットが大きくなってしまうことが難点でしたが、Type-20はこれまでに無かった基軸の製品といえるでしょう。

Musikmesse2017 HEDD Audio

Type-20のキャビネットは従来製品と同じくラバーコーティングされています。7inchと4inchのハニカムサンドウィッチウーファーとメーカー公称50kHz(±4dB 20kHz)のHEDDエアモーショントランスフォーマーツイーターを搭載。ユニットごとに用意された3つのD級アンプはそれぞれ300Wと余裕のパワー。 そして本機はHEDD Audioの特徴でもあるHEDDブリッジを搭載。これはユーザーが自身で入力オプションを選べるモジュラーシステムで、別売りのモジュラー入力・カードを取り付けることにより、Dante、AES67、AES/EBU、USB、そしてなんとBluetoothワイヤレスに対応します。(モジュラー入力・カードは開発中) 価格は1850ユーロということで約21万円(ペアで42万円)。上位機種の3Way Type-30がペア¥776,000ということを考えると非常に手頃な価格といえるでしょう。

Musikmesse2017 HEDD Audio

ブランド誕生の経緯を無視して、同じく未発売のADAM SX後継Sシリーズと聴き比べたい〜なんてディーラーならではの企画も今年のどこかでやりますので、ご期待ください!

Writer. Takemoto

HEDD Audio
http://www.hedd.audio/en/


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company