閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : HEDD Audio


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 HEDD Audio

日本でもユーザーを着実に広げているクラウスハインツ率いる新進気鋭ブランドHEDD AUDIO。事前情報通り新製品Type-20を発表!

Musikmesse2017 HEDD Audio

Type-20は280 x 358 x 338(mm)という小型の3Wayモニタースピーカー。メーカーはホームスタジオに置くことも可能だとしています。ミドルレンジの優れた再現性と余裕のある鳴りが期待できる3Wayはキャビネットが大きくなってしまうことが難点でしたが、Type-20はこれまでに無かった基軸の製品といえるでしょう。

Musikmesse2017 HEDD Audio

Type-20のキャビネットは従来製品と同じくラバーコーティングされています。7inchと4inchのハニカムサンドウィッチウーファーとメーカー公称50kHz(±4dB 20kHz)のHEDDエアモーショントランスフォーマーツイーターを搭載。ユニットごとに用意された3つのD級アンプはそれぞれ300Wと余裕のパワー。 そして本機はHEDD Audioの特徴でもあるHEDDブリッジを搭載。これはユーザーが自身で入力オプションを選べるモジュラーシステムで、別売りのモジュラー入力・カードを取り付けることにより、Dante、AES67、AES/EBU、USB、そしてなんとBluetoothワイヤレスに対応します。(モジュラー入力・カードは開発中) 価格は1850ユーロということで約21万円(ペアで42万円)。上位機種の3Way Type-30がペア¥776,000ということを考えると非常に手頃な価格といえるでしょう。

Musikmesse2017 HEDD Audio

ブランド誕生の経緯を無視して、同じく未発売のADAM SX後継Sシリーズと聴き比べたい〜なんてディーラーならではの企画も今年のどこかでやりますので、ご期待ください!

Writer. Takemoto

HEDD Audio
http://www.hedd.audio/en/


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company