閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

08
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day3 : JBL

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 JBL
Musikmesse 2017 JBL
JBLからレコーディングスタジオ、ポストプロダクション向けのニアフィールドモニターが2つ新登場です。

Musikmesse 2017 JBL

708P(写真左)は8インチのBi-Amplifiedモニター。特許を持つ、新世代とも言うべきドライバー技術を採用し、ダイナミックレンジ、周波数レスポンスにおいて無比な出力能力を誇ります。

中高域を受け持つコンプレッションドライバーに2409Hを採用。高再現性を実現するために性能を絞り込んだ設計がされ、36KHZまでという広帯域を獲得し、高品位なサウンドを届けます。

低域ドライバーとしては728Gを採用。特許を持つDifferential Drive技術により、下は35kHzをフォロー。一般的なスタジオモニターの2〜3倍の出力を誇るから驚きです。

Musikmesse 2017 JBL

また、同社「M2」のために開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載し、広いステレオ感とともに中央の音像もこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。

価格は1本1,999ドル

705Pは5インチBi-Amplifiedモニター。上記708Pと同じくイメージコントロールウェーブガイド搭載。708Pよりもコンパクトなサイズになりますが、708P同様、中高域ドライバーに2409Hを、低域ドライバーに725Gを採用し、サウンドクオリティーは708Pのまま。

Musikmesse 2017 JBL

価格は1本999ドルです。

Musikmesse 2017 JBL

こちらもご覧ください!

Musikmesse 2017 JBLJBLの本気がここに。新開発ドライバーとウェーブガイドによる高解像度モニター ~JBL M2 & LSR7 Series~

Writer. Tsuneyoshi

JBL
http://www.jblpro.com

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

20170404PLS_1day_109_

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月8日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company