閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

08
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day3 : JBL

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 JBL
Musikmesse 2017 JBL
JBLからレコーディングスタジオ、ポストプロダクション向けのニアフィールドモニターが2つ新登場です。

Musikmesse 2017 JBL

708P(写真左)は8インチのBi-Amplifiedモニター。特許を持つ、新世代とも言うべきドライバー技術を採用し、ダイナミックレンジ、周波数レスポンスにおいて無比な出力能力を誇ります。

中高域を受け持つコンプレッションドライバーに2409Hを採用。高再現性を実現するために性能を絞り込んだ設計がされ、36KHZまでという広帯域を獲得し、高品位なサウンドを届けます。

低域ドライバーとしては728Gを採用。特許を持つDifferential Drive技術により、下は35kHzをフォロー。一般的なスタジオモニターの2〜3倍の出力を誇るから驚きです。

Musikmesse 2017 JBL

また、同社「M2」のために開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載し、広いステレオ感とともに中央の音像もこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。

価格は1本1,999ドル

705Pは5インチBi-Amplifiedモニター。上記708Pと同じくイメージコントロールウェーブガイド搭載。708Pよりもコンパクトなサイズになりますが、708P同様、中高域ドライバーに2409Hを、低域ドライバーに725Gを採用し、サウンドクオリティーは708Pのまま。

Musikmesse 2017 JBL

価格は1本999ドルです。

Musikmesse 2017 JBL

こちらもご覧ください!

Musikmesse 2017 JBLJBLの本気がここに。新開発ドライバーとウェーブガイドによる高解像度モニター ~JBL M2 & LSR7 Series~

Writer. Tsuneyoshi

JBL
http://www.jblpro.com

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

20170404PLS_1day_109_

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company