閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

05
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : LINE6


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse_DAY1-159

Musikmesse 2017でLINE6は新製品を発表! 同社フラッグシップのギタープロセッサー Helix Floorのサウンドはそのままに、一部の機能を簡略化してコストダウンした Helix LTが登場です!

Musikmesse_DAY1-157まずはじめに上位機種のHelix Floorを振り返ります。Helix Floorはフロア置き型で『アンプシミュレーター』『マルチエフェクター』『ギターアンプコントローラー』の3つの機能を持つギタープロセッサーです。最高峰のサウンドと、マルチカラー&タッチセンス付きフットスイッチを備えライブからレコーディングまでギタリストの理想を叶え負担を減らす機材として人気を博しています。

Musikmesse_DAY1-154

この度登場したHelix LTは、上位機種と同じサウンドエンジンを搭載。デュアルDSPによる62×アンプ、37×キャビネット、16×マイク、104×エフェクトのモデリングで、ありとあらゆるギターサウンドを作り出すことができます。

Musikmesse_DAY1-152

変わったのはインターフェースと入出力。Helix Floorの特徴の一つであったスイッチごとの液晶ディスプレイを省略。しかし視認性の高いマルチカラーLEDとタッチセンス付きのフットスイッチは健在です。最大3だったエクスプレッション・ペダルは一つ減って2に。CV/Expressionアウトも省略されました。重量も6.6kgから5.4kgに。これは嬉しいですね。

Musikmesse_DAY1-149

と、大きく変わったのはこれくらい。外部アンプのコントロール機能や6.2インチLCDディスプレイなどのパーツ類、サイズ(56.0×30.1×9.2cm)、もそのまま。これで$999と約$500ほど安くなるということで、Helix FloorのGET手前で足踏みしていた方にとっては嬉しい製品なのではないでしょうか。レコーディング用途であれば全く不足無しでしょう。

最近はステージ上にアンプを置かないギタリストが増えてきました。バリエーション豊かな楽曲で理想のサウンドを追求するギタリストにはぜひ注目して欲しいです。

Musikmesse_DAY1-158

壁に埋め込まれたHelix Rack。ギターが繋がれ、試奏するプレイヤーが集まっています。

Musikmesse_DAY1-147
Writer. Tomita
http://line6.jp/helix/helix-lt.html


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company