閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : New Audio Technology


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 New Audio Technology

Spatial Audio向けのミキシングツール、Spatial Audio Designerを販売するNEW AUDIO TECHNOLOGYはMusikmesseの会場でずらりとヘッドフォンを用意して、Spatial Audioを体感してもらうべくブースを出展していました。やはり、VRなど新しいキーワードに対するAudioの対応を考えるとこのようなSpatial Audio向けの製品は今度ドンドン伸びてゆくことでしょう。改めてご紹介したいと思います。

Musikmesse2017 New Audio Technology

こちらが、エンジンとなるSpatial Audio Designer MIXと呼ばれるプラグイン。こちらで3D空間に対してパンニングを行います。

Musikmesse2017 New Audio Technology

各トラックにインサートされている同社のプラグインにより、SourceとしてSpatial Audio Designer MIXへとサウンドが送り込まれます。その送り込まれたそれぞれのサウンドが、MIX上で3D空間にパンニングされ、予め設定されたディスクリートチャンネルより出力されるということになります。

この機能により、平面のサラウンドバスしか持たないDAWだとしても縦方向を持つ3D Soundのミキシングが可能となります。もちろん、プラグインとして振る舞いますのでオートメーションも可能。なかなか使い勝手の良いシステムとなっています。デフォルトで22.2chまでのアウトプットバスがプリセットされています。

Musikmesse2017 New Audio Technology

Musikmesse2017 New Audio Technology

360 VR向けにAmbisonicがにわかに注目を集めていますが、こちらのソフトでディスクリートサラウンドで制作を行なっておくことでどの様なフォーマットへも自由度高くエンコード出来るという考え方もあると思います。特に複数の出力フォーマット向けの制作を行うことになるポストプロなどは検討いただきたいアプリケーションの一つです。

Writer. Yosuke

New Audio Technology
http://www.newaudiotechnology.com/en/home/


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company