閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

07
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day3 : SPL


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 SPL

SPLは新製品ラッシュとなりました!Rock oNでも同じみのオーディオI/O Crimsonの最新ver.など注目製品が一挙登場です。

Crimson 3

Musikmesse 2017 SPL

Crimson3は全モデルに内蔵トークバックマイクがつき、さらにPhonitor Matriが搭載されました。Phonitor Matrixというのは同社のPhonitorやPhonitor miniに搭載されているスピーカーシミュレート機能を指します。

Musikmesse 2017 SPL

両耳間のレベルの違いや音が届くまでの時差などの設定を調整することでヘッドフォンでのモニタリング時に音の広がりやバランス、リスニング環境やスピーカーからの音の伝わり方を創り出すことができます。あたかもスピーカーシステムや演奏者を前にしているような実在感を得られます。

各スタジオごとのスピーカーモニタリング環境の違いに悩まされることなく、ミックス作業に専念することができますね!これが付いているオーディオ I/Oは他にありません。制作環境の中核になれるマシンの登場です!価格は646ユーロ、6月発売を予定。

SMC7.1

Musikmesse 2017 SPL
Musikmesse 2017 SPL

これは5.1Chサラウンド/ステレオモニタリング&スイッチングマトリックスシステムのSMC2489の後継に当たるもので、ついに7.1Ch対応!大型ポテンションメーターはVCAなどの回路一切挟まず、ダイレクトに各チャンネルのボリュームをコントロールします。価格は1478ユーロ、間も無く出荷開始とのこと。

Musikmesse 2017 SPL

MADICON

Musikmesse 2017 SPL

こちらは同社の16chのMADI-AD/DAコンバーターのMADISONに続くMADI対応ラインナップの最新作。コンパクトなMADI to USBインターフェースです。MADISONとの連携ではMADIで64chを受信し、そのままUSB経由でMAC/PCに接続。

Musikmesse 2017 SPL

Madison

Musikmesse 2017 SPL

FPGA Monitoring Mixerによるレイテンシーの少ないモニタリングが可能。Additional Optical Stereo Outでコントロールルームのモニタリングシステムの構築も可能。価格は646ユーロ、6月発売を予定。

Writer. Shibuya

SPL
https://spl.info/en/home.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company