閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

07
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day3 : SPL


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 SPL

SPLは新製品ラッシュとなりました!Rock oNでも同じみのオーディオI/O Crimsonの最新ver.など注目製品が一挙登場です。

Crimson 3

Musikmesse 2017 SPL

Crimson3は全モデルに内蔵トークバックマイクがつき、さらにPhonitor Matriが搭載されました。Phonitor Matrixというのは同社のPhonitorやPhonitor miniに搭載されているスピーカーシミュレート機能を指します。

Musikmesse 2017 SPL

両耳間のレベルの違いや音が届くまでの時差などの設定を調整することでヘッドフォンでのモニタリング時に音の広がりやバランス、リスニング環境やスピーカーからの音の伝わり方を創り出すことができます。あたかもスピーカーシステムや演奏者を前にしているような実在感を得られます。

各スタジオごとのスピーカーモニタリング環境の違いに悩まされることなく、ミックス作業に専念することができますね!これが付いているオーディオ I/Oは他にありません。制作環境の中核になれるマシンの登場です!価格は646ユーロ、6月発売を予定。

SMC7.1

Musikmesse 2017 SPL
Musikmesse 2017 SPL

これは5.1Chサラウンド/ステレオモニタリング&スイッチングマトリックスシステムのSMC2489の後継に当たるもので、ついに7.1Ch対応!大型ポテンションメーターはVCAなどの回路一切挟まず、ダイレクトに各チャンネルのボリュームをコントロールします。価格は1478ユーロ、間も無く出荷開始とのこと。

Musikmesse 2017 SPL

MADICON

Musikmesse 2017 SPL

こちらは同社の16chのMADI-AD/DAコンバーターのMADISONに続くMADI対応ラインナップの最新作。コンパクトなMADI to USBインターフェースです。MADISONとの連携ではMADIで64chを受信し、そのままUSB経由でMAC/PCに接続。

Musikmesse 2017 SPL

Madison

Musikmesse 2017 SPL

FPGA Monitoring Mixerによるレイテンシーの少ないモニタリングが可能。Additional Optical Stereo Outでコントロールルームのモニタリングシステムの構築も可能。価格は646ユーロ、6月発売を予定。

Writer. Shibuya

SPL
https://spl.info/en/home.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company