閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : Waldorf


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

シンセ界のカリスマAXEL HARTMANNデザインの超強力シンセが登場!!

Musikmesse_DAY1-15

musikmesse開始直前に画像が出回った噂のシンセ「QUANTUM」ありました。QUANTUMは8ボイスのハイブリッドシンセ。何がハイブリッドかと言うと3つのデジタルオシレーターとデュアルアナログフィルターのハイブッドです。

大型タッチディスプレイを正面に配置し、シックなカラーリングと文字が光るボタンは「QUANTUM」というメーミングも相まってバリバリにSFを感じさせます。

Musikmesse_DAY1-22

オシレーターからしてすでにワクワクが止まりません。ソースは①Wavetable②Waveform③Particle④Resonatorという4つカテゴリーからチョイスします。Wavetableはもう説明不要ですね。②のwaveformはノコギリ波などのいわゆる基本波形になり、アナログのエミュレーションになります。③のParticleは何やら聞きなれない名前ですが、ユーザーサンプルの読み出しになります(やった!)背面にSDカードスロットがあり、現時点ではそこから任意のサンプルをロードできるとのこと。これで一気にサウンドの幅が広がりますね。

Musikmesse_DAY1-18

④のResonatorはバンドパスフィルターが絡んだサウンドのようでベルの音などが得意とのこと。FMともまた違うようです。

そしてエディットできるパラメーターも非常に独特な名前が付いており、「Spectrum」や「Travel」などHARTMNNのこだわりが随所にみられます。

Musikmesse_DAY1-13

中央部のディスプレイはタッチディスプレイです。タッチ操作と画面横としたのユーティリティーツマミでかなり快適に作業できます。ツマミとして出ているLFOは三つですが、実際は6個搭載されており、鬼のようなモジュレーションルーティングが可能とのこと。(スロット数は開発中のため教えてくれませんでした。)

Musikmesse_DAY1-23

そしてモジュレーションのソースとディスティネーションの仕方も簡単で、MOD」というボタンがあり、そこを押してから任意のツマミを触れることでアサインできます。ディスティネーションは連続でアサインできるようで、非常に便利そうです。

Musikmesse_DAY1-28

また、USB接続で豊富なツマミを生かしたMIDIコントローラにもなるとのこと。ということは外部からもおそらくMIDI複雑なパラメーターをコントロールできることでしょう。
発売は年内を目指しており、価格は3500ユーロ程度とのこと。これは楽しみですね。

Musikmesse_DAY1-29

そしてこちらは同じくAXEL HARTMANNによる渾身の完全限定受注生産のデジタルシンセ「20」。

Musikmesse_DAY1-31

中身はWaldorfの技術をふんだんに使ったフルデジタル使用、そしてボディやツマミはアルミ製。流れるようなパネルデザインはSledgeに非常に似ています。

Musikmesse_DAY1-32

Musikmesse_DAY1-27

さらに驚くべきことに出力段はSPL製とのこと。名前の通り20台限定で完全受注生産。カラーは展示されていたブラックの他にシルバーがあり、そちらも20台なので合計40台のようです。価格は2万ユーロ。オーダー時に半分支払い、完成時に残りを支払う方式だそうです。誰かぜひチャレンジを!

Musikmesse_DAY1-35

Waldorfブースにはその他zarenbourgやKB37などが展示されていました!

Musikmesse_DAY1-7

Musikmesse_DAY1-8

Musikmesse_DAY1-24

Writer:Shibuya

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company