閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

05
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : Warm Audio


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 Warm Audio

低価格ながら、ユーザーのハートを掴むラインナップを精力的にリリースするWarm Audioのブースに人だかりが!覗いてみると見慣れないマイクがそこに。昨年のWA-87の登場にも驚かされましたが、Musikmesse 2017ではなんとWA-14(モチーフとなったマイクはお判りですよね?)が登場してきました。

Musikmesse2017 Warm Audio

Musikmesse2017 Warm Audio

ショックマウントの雰囲気まで似せてくるとはさすがWarm Audio。指向性の切替は3パターン(単一、無指向、双指向)、PADも3つのポジションが選択可能です。ダイヤフラムは、モチーフとなったモデルの中でもビンテージで採用されていたALL-Brass製のカプセルを採用しています。内部の回路もビンテージの回路にこだわり設計されているということで、まさにあのサウンドが手に入るのではないでしょうか。

そして出力段には同社の定番と言えるCIneMag社のトランスが乗っています。価格は$499!今年の夏にはリリースしたいということです。

Musikmesse2017 Warm Audio
Musikmesse2017 Warm Audio

もちろん、同社のアウトボード類や、WA-87も展示されていました。WA-412、EQP-WA、WA76といったアウトボードも、高額すぎて手の出ないオリジナルモデルに代わり、リアルなアウトボードとして、手軽に所有することのできるプロダクトとして、やはり魅力的ですよね。今後の展開からも目が離せないブランドの一つWarm Audio。次は何を作ってくるのでしょうか?期待しましょう!!

Writer. Yosuke

Warm Audio
https://www.warmaudio.com/


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company