閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

08
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day3 : YAMAHA

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

20170404PLS_1day_109_

RIVAGE PM10 Editor Ver1.5がリリース! 同社研究開発センター Dr. Kのニックネームでご存知の方も多いかと思います、K’Labを率いいる国本利文氏に解説して頂きましたので、動画でご覧ください!

大きなアップグレードは、新たなプラグインが登場したことでしょう!

Musikmesse 2017 YAMAHA・ダイナミックEQが2バンドから4バンドへ。Key-Inも可能に。

・マルチバンド・コンプレッサーのMBC4。ゲインリダクションには、VCAタイプとTubeタイプを選択可能で、それぞれキャラクターの違いを活かしたコンプレッションが可能

・Analog Delayでは、タイプCをセレクトすれば、同社の名機 「E1010」をモデリングして再現。当時の音を知る人はもちろん、知らない人も、アナログならではの特徴あるディレイサウンドを求めるなら、直感的な操作で音作りができそうです。国本氏は、ギターの他、ヴォーカルにもオススメしたいとのことです。

加えて、YAMAHA LONDONからアプリケーションエンジニアのAndy Cooper氏にも解説いただきました。プラグイン以外の特徴について、紹介して頂いています。

さて、デジタルミキサー登場から30周年ということで、歴史を作ってきたプロダクトがいくつか展示されていました。その中で、個人的に目を惹いたのが初代デジタルミキサーDMP7。02R 爆発ヒットの出発点はここからだったんですね〜!

Musikmesse 2017 YAMAHA

こちらの「Digital Mixer History」特設ページもご覧ください!私も持ってたProMix 01も載ってます!自動で動くフェーダーを店頭で初めて見た時の驚きは今でも覚えています(笑)

Digital Mixer History
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/about/history/

Writer. Tsuneyoshi

YAMAHA Pro Audio
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/

Musikmesse 2017 YAMAHA

Musikmesse 2017 YAMAHA

Musikmesse 2017 YAMAHA

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company