閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

25
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016:Modular Synth Part.2

Namm2016_4DayMODULAR-28

MOLDAX Modular Synthesis Systems

傷に強い大型2.8” のフルカラーディスプレイを装備したMOLDAX Modular Synthesis Systemsの新製品DATAが展示されていました。一際目をひくこのモジュールは電圧やオーディオシグナルの解析用モジュールという事になります。4chのオシロスコープ、チューナー、波形生成、クロック生成/分配などマルチファンクションなモジュール。プレオーダー期間ながら、即SOLD OUT次回生産時にも予約が殺到する見込みです。価格は395ドル。
Namm2016_4DayMODULAR-29
MOLDAX Modular Synthesis Systems

dave jones design & Grayscale

dave jones designのオシロスコープ&オーディオ・ツール「O’TOOL」も非常に人気があります。ビデオモジュールユーザーにも使える電圧解析や、オーディシグナルに対してはレベルメーター、VUメーター、スペクトラム・アナライザー、周波数メーターなど、コンパクトながら非常に多用途です。また隣に写っているのは多くのモジュール用パネルもリリースしているGrayscaleのAlgorhythmという8ステップ(8回のリピートで最大64ステップ)のトリガー・シーケンサーモジュール。Algorhythm同士はリンクさせる事で、さらに長く複座なパターンを生成できます。アナログリズムマシンのトリガーに使って非常に有機的なパターンを作っていました。
Namm2016_4DayMODULAR-27

Audio Damage

Namm2016_4DayMODULAR-33
Audio DamageはVSTプラグインからユーロラックモジュールまで幅広く手がける人気のメーカー。鍵盤を模したボタンが付いているため、ユーロラック互換のシーケンサーの中ではかなり扱いやすいSEQUENCER1や、ポップな絵とそぎ落としたユニークなパラメーターで豊富なラインナップを誇るシリーズも人気があります。
Namm2016_4DayMODULAR-37
・MAD HATTER:強烈なデジタルノイズジェネレイター。TR-606タイプのシンバル音源としても使用可能。
・Aeverb:テクノに特化したアルゴリズミック・リバーブ
・Freqshift:デジタル・フリケンシー・シフター
・Dub Jr:同社のヴィンテージディレイをシミュレートしたプラグインのユーロラック版。
・Grainshift:リアルタイムのグラニューラー・ピッチシフター。”CHAOS”にCVを送る事グレインをランダム化できるため、クレイジーな音に。
・Errorbox:サンプルレートを48kHz to 50Hで動かすSRR、ビット・デプスを16 bits to 1 bitで変化させるBRR、そして内部エラーのアルゴリズムERRを使ってオーディオを破壊するツール。

Art For The Ears LTD

木枠の質感やラックの角度が素晴らしいカナダを拠点とするモジュラーラックケースメーカー。
Namm2016_4DayMODULAR-23

ZVEX MODULAR

ハンドメイドの質感と独特のイラストで日本でも高い人気を誇るカリスマペダルブランドZVEXのモジュラーを発見!人気のFUZZ FACTORYとInstant Lo-Fi Junkyがユーロラックに埋め込まれています。FUZZのサウンドはやはりそのまま。大味で強烈な歪みはモジュラーシンセの中ではかなり異質な存在感を放っていました。また、Boards Of Canada風サウンドも作れるInstant Lo-Fi Junkyもアナログオシレーターと非常に相性が良さそうですね。豊富なラインナップからどこまでモジュラー化されるのか楽しみです!
Namm2016_4DayMODULAR-40

Writer:渋谷

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年1月25日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company