閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

26
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016:Modular Synth Part.3

まだまだModular Synthの魔境は続きます!Studio Electronicsの新型モジュールなど話題の新製品がずらり!

Studio Electronics

Namm2016_4DayMODULAR-4
NAMM 2016直前情報でも大きな話題を集めた美しきモジュラーケースKAHNCO The Kahnco modular case systemにぎっしりと収められた、惚れ惚れするようなモジュールたちが現れました。
3つの新製品のうち、2つはなんとフランスのEOWAVEとのダブルネームで表記されています。黒、赤、金、白というド派手なカラーリングは侍や歌舞伎のカラーリングを意識したとか。
・Charcot Circles:ステップシーケンサー。16ステップを基本にしながらも8つのモードを切り替えて長いステップのフレーズが作れ、またプリセットを保存できるため、ライブでも重宝しそうです。
・STE.16:2機のオシレーター/16種類の波形を搭載したモジュール。デジタルLFOも付いており、組み合わせでFM偏重などもできるとのこと。
・QUADONIC:4機のデジタルオシレーターを搭載したモジュール。豊富なデジタル波形を組み合わせて斬新な音作りができます。コードモードなど4DCOならではのユニークな機能も魅力。
Namm2016_4DayMODULAR-47
最強のアナログポリフォニックシンセサイザーOMEGA8改めC.O.D.Eも鎮座。なんとableton live上にプラグイン・エディターが立ち上がっていました。
Namm2016_4DayMODULAR-49
Namm2016_4DayMODULAR-50

MODE MACHINES

そしてx0xb0xでお馴染み、日本でもファンが多いMODE MACHINEブースには期待の12トラック・マトリックス・MIDIシーケンサー「SEQ12」と斬新なバーチャルペダルボードvPedが展示!SEQ12はかなり多彩な演奏方法が用意されており、モノフォニックとしてもポリフォニックとしても、またはリズム用のトリガーシーケンサーとしても優秀。さらにコード演奏やアクセント入力、シャッフルパターンなど「演奏できるシーケンサー」として作り込まれています。

Namm2016_4DayMODULAR-51
vPedはVST/VSTiのホストとなり、ライブでもスタジオワークでも足元にかなりの多様性をもたらします。スタンダード仕様とプロ仕様があり、スタンダードで2GBのRAM+8GBのSSDが、プロ仕様で4GBのRAM+32GBのSSDという充実のスペック。ありそうで無かった製品。ちなみにvPedの上に乗っているステッカーは個性的なモジュールで人気急上昇中のEndorphin.esの美しき開発者Giulia Bondarさん。

Namm2016_4DayMODULAR-48

Fight Of Harmony

粘りのある、まさにアナログなノイズを鳴らしていたFight Of HarmonyのInfernal Noise Machine。VCFやVCAが2基ずつあったり、ジョイスティックが2本あったりと珍しい構成のノイズマシン。つまみが多いため、シンプルな出音でもなかなかバリエーションが出そうです。
Namm2016_4DayMODULAR-45

ジョイステッィク・コントロールモジュールの「choice」とInfernal Noise Machineからオシレーター部分を抜き出した「IMP」。

Namm2016_4DayMODULAR-43

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート