閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day2 : Antelope Audio


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

2017_Namm1Day_84_1

20170120_quiz_1090_100

事前情報で一番の注目を集めたAntelope AudioのORION32 HD。遂に登場したAVID HDXと接続可能なAntelope AudioのAudio IFです。様々な新機能を搭載したこちらの注目は高く、朝一から取材陣がひっきりなしに訪れていています。Greg Wells氏のトークセッションを動画で押さえましたので、御覧ください!!

2017_Namm1Day_86_1

上から2段めがORION32 HDですね!!!最大64chのハンドリング可能なHDX互換Audio IFデス。USB 3.0での接続も可能なのでNative環境での利用もできるというシーンに合わせて使い分けの出来る多機能モデル。クロックも最新のAFCテクノロジーが搭載され、マスタークロック内蔵といっても良いパフォーマンス。その音質はこれまでも高い評価を得ています。特にアメリカでの人気は高く、Native環境での定番の座を射止めているという話も入ってきています。

2017_Namm1Day_90_1

1Uながら非常に多くのシグナルをハンドリングできるのもORION32 HDの特徴。アナログAD/DAは32ch I/O、MADI、ADAT。そして、こちらはこれからの仕上がりと思いますが、ROUTING画面にはUSBとHDXが同時に表示されています。これは同時接続での利用が可能ということでしょうか?これをじつげんしているとしたら システムアップの柔軟性が画期的に高まりますね!!レコーダーはPro Tools HDXで、シーケンス、音源ソフトはNativeのDAWでといったシステムがこの一台で集約出来るということになりますね。

Namm2017_1Day_Rock-27

またORION32 HDに搭載されているFPGAのパワーを利用したAFXと呼ばれるプラグイン。これまでのAntelope Audioの製品にも搭載されてきていますが,新しく6種類のプラグインが追加されています。元々の高いクロックがもたらす高音質だけではなく、着実に機能を向上させています。新製品だけではなく、こういった追加機能にも注目ですね。

2017_Namm1Day_87_1

2017_Namm1Day_89_1

Writer. Yousuke


Antelope Audio
http://en.antelopeaudio.com/

20170120_quiz_1090_100
20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company