閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

21
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day2 : Avid


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show Report Nord
活気あふれるAVIDブース。Openingのプレゼンテーションには、おなじみCEOであるLouis氏が登壇。Avidの今後のビジョンを熱く語っていました。今の音楽産業の挑戦を分析してどのようにユーザーとメーカーがWIn-WInの関係を築いていけるのか。非常に興味深いプレゼンテーションでした。残念ながらNAMM 2017での新製品の発表はありませんでしたが、Supportプランに移行しているPro Toolsの最新バージョンである12.7のデモを力強く行なっていました。

動画を取ってきましたので、御覧ください。

着実に新機能が追加され進化を続けるPro Tools。約束通りに出来たところから新機能が追加された最新バージョンが登場していることになりますね。
NAMM 2017 Rock oN Show Report

Pro Mixingのコーナーにはもちろん、Avid S6が鎮座。DOLBY ATMOS仕様で展示が行われていました。ATMOS関連の新しいFeuterが展開されていました。ATMOSパンナーはかなり大幅に手が入っているのがわかりますね。

NAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show Report

ミキシングの為のツールは完成度を高めてきています。早く、ATMOS対応の7.1.2chのベッド・バスがPro Toolsに用意されると良いですね。期待したいところです。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

更にS6の脇にはVRグラスも!!!変な3D Movieだと思っていたらVR用のMOVIEが展示されていました。詳しく教えてもらうことは出来ませんでしたが、Pro ToolsでのVR向けのミキシングもAvidはしっかりと考えているようですね。
NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017でのS6用のラック。世界中がその出荷を待ちわびているAVID MTRIXが収められていますね。そして、DOLBY RMUがしっかりとマウントされているのがわかります。
NAMM 2017 Rock oN Show Report

LiveコンソールであるS6Lも展示されていました。こちらは近づけないくらいの人混み。高い評価を得ていたVenueの進化版ということも有り、注目度は高い製品。すでに国内でも多数が出荷され可動が始まっている最新のソリューションですね。

最後にLouis氏のプレゼンテーションの様子を写真でお伝えします。

Namm2017_1Day_Rock-20
NAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show Report

artist communityと呼んでいる、新しいユーザーとのつながり方をAvidは模索し続けているのがわかりますね。Cloudサービスもスタートし、その先に予定されているユーザー同士のマーケットプレイスの準備も着々と進んでいるということではないでしょうか?こちらも動きも楽しみですね。

Writer. Yosuke
Avidhttps://www.avid.com/ja/


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company