閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

21
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day2 : Neumann


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report Neumann
NAMM 2017 Rock oN Show Report Nord
Neumannのブースはスピーカー中心の展示。それもそのはず、非常に堅実なサウンドチューニングをされたKHシリーズに新ラインが加わっています。

Namm2017_2Day-33

KH80DSPと呼ばれるこのモデルは、コンパクトながら最適なモニターが出来るように補正用のDSPを搭載しているのが特徴。

NAMM 2017 Rock oN Show Report Neumann

そのDSPは近日登場予定のNeumann Control Softwareによりリモート可能だということ。背面にUSBらしき端子があるのがそれと思われます。詳細はどのようになるのかわかりませんが、GUIを見る限りではGenelecのSAMのようなことが出来るのでしょうか?期待度はかなり高いソリューションですね。
NAMM 2017 Rock oN Show Report Neumann

更に通常では、EQのプリセットをいじれる程度の背面SWはこちらのような仕様に。プリセットされた補正カーブを利用するのか、先程のControl Softwareで設定されたパラメータを利用するのかの切替が出来るようになっていますね。OUTPUT LEVELの調整が可能なのもプロの現場としては使い勝手が良いのではないでしょうか。

単純にKHシリーズの最新作と言うだけではなく、新しい機能を盛り込んできた意欲作。ドイツでは放送局での採用実績の高いNeumannのスピーカー。要求の高い放送業務にも耐えうる高いテクニカルスペックが盛り込まれていますね。

サウンドのチューニング方向はクラシック向け、と言うよりアコースティックソース全般。テレビ局の収録車をターゲットに開発が行われていますのでマイクで拾ったサウンドを生々しく正確に再現する。狭い空間でも余計な響きを付加しないという美点を併せ持ちます。実はこの条件は日本のクリエイターのスタジオにはまる要素だと思っています。是非Rock oNに起こしの際にはそのサウンドを体感してみて下さい。その真面目さが分かるかと思いますよ。

Writer. Yosuke

Neumann
https://www.neumann.com/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company