閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

20
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 : Eventide


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report
20170120_quiz_1090_100
NAMM 2017で の発表で個人的に興味深かったプラグイン「Structural Effects Fission」を実際に触る事ができました。Structuralとは「組み立て」の意味を持ちますが、そのまま直訳すると組み立て効果…?な感じになるかと思います。

実際にEventide社からThomas Longabaugh氏によるプラグインの解説を聞いてみましょう。

この説明によるとStructural Effects Fissionは、青の「Transient」部分と「Tonal」部分と2レイヤー構成にて成り立っている模様です。ざっくり分析するとTransientでは音の出だし頭の部分を調整でき、Tonalでは余韻部分などピッチも含め音色のエディットが可能です。それを真ん中の段「Structural Split」で青のゾーンと緑のゾーンの組み合わせ具合を調整する事ができます。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

イメージをするならば、ギターサウンドで考えた場合、Transientでアタックの部分をタイトに仕上げ、Tonal音色部分をtremoloにし余韻をうねらせます。そうすると一変トレモロっぽいエフェクタに聞こえますが、アタックの部分がしっかり歯切れの良い所がなりつつ、余韻はトレモロ状態といった具合になるかと思います。この楽器のソースは他にもピアノ、ドラム、ボーカルなど様々なソースプリセットが用意されています。そして組み合わせは自由自在で、Split部分も無限大の設定があるかと思います。

まさにエフェクターの根本的な部分を自身の発想で演出できるような…?うまく表現ができませんが、そのくらい不思議なプラグインになっております。こんなプラグインあっただろうか?いや、無かったような…?と使い手によって全く異なるプラグインではありますので、是非興味ある方は確認していただければと思います。価格はUS:$199.00の予定。

Write. Yasuda
Eventide Structural Effects-Fission
http://www.eventide.com/


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年1月20日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

新しいシンセサイザーの祭典「Synthplex 2019」がLAバーバンクで開催…
3/28からLAでのシンセの祭典!瀬川英史氏によるRock oN Show Report!
約3000年に1秒の誤差、西海岸ハリウッドのスタンダードクロック Antelop…
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
機材は「電源」が命!Rupert Neve Designs R6を勧める3つの理…
決算セールの今が手に入れるチャンス!
YAMAHA CPシリーズ最新フラッグシップ CP88 / CP73 試聴会レポ…
YAMAHA CP 88 / CP73 試聴会レポート!
1台で「伝統とモダン」いいとこ取りのマイクプリ Rupert Neve Desi…
迷ったらまず5211を買っておけば間違いない!
高い解像度を誇るリファレンス用同軸モニタースピーカー musikelectron…
今なら大決算セールということで、1ペアで¥397,999!
マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!m905
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
NAMM 2019 Rock oNショーレポート ダイジェスト
噂の新製品の姿をキャッチ! NAMM20019 ショーレポートダイジェスト!
NAMM 2019 DAY4:MOTU
MOTUはDP10を発表!今回のメジャーアップデートでは大量の機能追加や強化が推し進められています。
NAMM 2019 DAY4:Slate Digital
Slate Digitalからは以下の4つの製品が新登場!
NAMM 2019 DAY4:Universal Audio
Universal AudioはNAMM 2019の期間中毎日、ユーザーに有益なコンテンツを小刻みなスケジュールで実施。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート