閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

20
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 : Eventide


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report
20170120_quiz_1090_100
NAMM 2017で の発表で個人的に興味深かったプラグイン「Structural Effects Fission」を実際に触る事ができました。Structuralとは「組み立て」の意味を持ちますが、そのまま直訳すると組み立て効果…?な感じになるかと思います。

実際にEventide社からThomas Longabaugh氏によるプラグインの解説を聞いてみましょう。

この説明によるとStructural Effects Fissionは、青の「Transient」部分と「Tonal」部分と2レイヤー構成にて成り立っている模様です。ざっくり分析するとTransientでは音の出だし頭の部分を調整でき、Tonalでは余韻部分などピッチも含め音色のエディットが可能です。それを真ん中の段「Structural Split」で青のゾーンと緑のゾーンの組み合わせ具合を調整する事ができます。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

イメージをするならば、ギターサウンドで考えた場合、Transientでアタックの部分をタイトに仕上げ、Tonal音色部分をtremoloにし余韻をうねらせます。そうすると一変トレモロっぽいエフェクタに聞こえますが、アタックの部分がしっかり歯切れの良い所がなりつつ、余韻はトレモロ状態といった具合になるかと思います。この楽器のソースは他にもピアノ、ドラム、ボーカルなど様々なソースプリセットが用意されています。そして組み合わせは自由自在で、Split部分も無限大の設定があるかと思います。

まさにエフェクターの根本的な部分を自身の発想で演出できるような…?うまく表現ができませんが、そのくらい不思議なプラグインになっております。こんなプラグインあっただろうか?いや、無かったような…?と使い手によって全く異なるプラグインではありますので、是非興味ある方は確認していただければと思います。価格はUS:$199.00の予定。

Write. Yasuda
Eventide Structural Effects-Fission
http://www.eventide.com/


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company